2020年12月19日、強風の中の冬の東京都八丈島の様子

八丈島のフィールド

今日は久々の全休です。八丈島は、朝は晴れていたのですが、すぐ曇りになりました。

そして、冬の強風です。

八丈島には、お客様がたくさんいらっしゃっています。でも、この冬の強風には誰もが面食らいますね。


今日は、「2020年12月19日、強風の中の冬の東京都八丈島の様子」と題して、この楽しめない天候の中での過ごし方のお話です。


スポンサーリンク

八丈島の天気は、強風の中、晴れ、曇り、雨の繰り返しでした

今日は、長時間外には出づらい天気でした。たとえば、お客様の場合、レンタカーから離れたら、雨直撃という具合です。

島民の私も、車からは離れすぎないように過ごしました。

八丈島では、人の住む地域と原生林の距離が近いです

今年は、屋根のある施設での仕事が多いためか、最近は、原生林との距離がわからなくなってきました。そこで、近所の人の住む地域と原生林との境目を見に行ってきました。

iPhone 8

少し視点を変えるだけで、八丈島にはこういうジャングルのようなところは、たくさんあります。雨の中、見に行きましたが、明るい緑から深い緑まで、緑がとても映えますね。


白いサギとの久しぶりの出会い

バードウォッチングをはじめた頃、白鷺という種がいると思っていました。でも、メインはダイサギ、チュウサギ、コサギの3種です。

草むらの中に大きな白い塊が見えました。

ん?

と思っていたら動きました。慌てて双眼鏡で確認すると、白いサギでした。

チュウサギArdea intermedia
EOS 7D Mark II+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4xIII

チュウサギです

じっくり見られたのは久しぶりです。チュウサギは、私よりも地面にいる獲物に釘付けでした。

真剣に足元を見ているチュウサギを、背中からパシャリしました。


空が曇って、気分が乗らなくなってきたら、ザトウクジラを見ましょう

空の雲は厚みを増しています。今にも雨が降りそうです。

冬の時期、八丈島は冷たい強風が吹きます。南の島のイメージは払拭されるほどの寒さです。

こういうときは、行き先が限定されてきます。

でも、安心してください。冬の八丈島には切り札があります。

ザトウクジラです

クジラは海にいますので、風は関係ないです

藍ヶ江港へ行きました。

運良く、クジラにとても詳しいガイドの廣戸さんに会えました。

ついてそうそう、ザトウクジラのいる場所を親切に教えていただいたので、簡単に見られました。

とてもラッキーでした

廣戸さん、ありがとうございました

iPhone 8

空を見上げたら、厚い雲がさらに厚くなりました。水平線の黒い部分は、雨が降っている場所です。

このあと、八丈島に向かってきて、雨が降り出し、車に避難しました。


冷たい強風ですが、一瞬くらいならば八丈小島はきれいな姿を見せてくれます

今日は、選択肢が少なく、私も苦戦した1日でした。八丈島にいらっしゃっているお客様も同じだったと思います。

正直にいいますと、今の時期、日の入りを見るのはとても難しいです。それよりも、少し手前の時間がおすすめです。

EOS 6D Mark II+EF24-105mm F4L IS USM

この写真は日の入り数時間前に撮影したものです。今日は散々な天気でしたが、待っていれば、このような景色が見られます。

「旅行で待つ」というのは少し変ですが、ここ八丈島では待つと改善する場合があります。

待つときは車の中です。

強風で、ものすごく揺れますが・・・

最後にどのくらい強風なのかの動画を出します。風速10 m/sくらいです。

121920Hachijokojima HD 1080p

目が点になったのではないでしょうか?写真はとてもきれいですが、現実はこんな強風の中で撮影しています(笑)。

冬の八丈島の天気は、変わりやすい上に強風です。車の中で待ち、いいタイミングのときだけ外に出て楽しむことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました