島で使っている野生動物撮影用のデジタル一眼レフカメラ

写真機材

前回、Canon EOS 6D Mark IIを紹介しました。今回は、私が野生動物撮影専用に使用しているデジタル一眼レフカメラ、EOS 7D Mark IIを紹介します。

長所

  • EFレンズが全て使用できます。
  • 光学ファインダーであるため、バッテリーの消費が少ないです。
  • センサーの大きさがAPS-Cサイズです。超望遠レンズと組み合わせますと、焦点距離が1.6倍伸びます。
  • 有効画素数約2000万画素以上です。
  • 連射速度が撮影速度約10コマ/秒です。そのため、シャッターチャンスを逃しにくくなります。
  • フォーカスモード(スポット1点AF、領域拡大AF、ゾーンAF、65点自動選択AF)が素早く変更ができます。私は、状況に応じて使い分けています。
  • 防塵防滴です。八丈島では必須です。
  • 個人的なことですが、風景撮影用に使っているもう一台のカメラのEOS 6D Mark IIとバッテリーの共有できます。

短所

  • センサーサイズがAPS-Cですので、暗がりでの高感度撮影は難しいこと。

です。

一眼レフ機だけでなく、近年のミラーレス機も性能は年々向上しています。いいポイントを取捨選択してカメラを選択し、動物写真を楽しんではいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました