島の天気が霧の時の楽しみ方(ウイルス問題の解消後)

八丈島のフィールド

八丈島の天気は良く変わります。先日までいい天気でしたが、今日は濃い霧に包まれました。羽田ー八丈島間の飛行機は1日1便ですが、欠航しました。

霧に包まれると、真っ白でどこにも行けません。

つまらないです。

そう考えるのも無理はありません。

でも、霧に包まれたら、八丈島は本当につまらない島になってしまうのでしょうか?

今日は八丈島の天気が霧の時の楽しみ方についてお話しします。

はじめに断っておきますが、楽しみ方は個人差があります。以下のお話がつまらない場合は、ごめんなさいです。

はじめに、八丈富士に行ってみましょう。

えっ!?だって、山頂どころかすぐそばまで真っ白・・・。

たしかにそうですね。でも、行ってみましょう。

霧の道を走行する際は、ヘッドライトはONで。

運転しやすくなるだけでなく、対向車から視認されやすいので、事故防止にもつながります。

遊び平牧野看視舎に行くと、真っ白ですが、ここでは、霧が流れる景色が見られます。まだ5月ですので、殺風景です。6月くらいになるとここはガクアジサイの花でいっぱいになります。

iPhone 8

そのまま、ふれあい牧場へ行くと、霧の中でたたずむ牛さんたちに出会えます。ふれあい牧場でネットで検索すると晴れの日の写真ばかりですが、霧の日も幻想的で良いですよね。

EOS 6D Mark II+EF24-105mm F4L IS USM

いつもは林道も行くのですが、霧の濃い日に入るのはたいへん危険です。今回は無しです。安全第一です。

それでも八丈島は、私たちの生活圏と森が隣接しています。その利点を生かして、駐車スペースに車を止め、少し歩いてみましょう。

身近なところに、大きなスダジイの木があったり、シチトウメジロがオオバエゴノキの蜜を食べるシーンを見られたりします。意外な出会いがあなたを待っていますよ。

EOS 6D Mark II+EF16-35mm F4L IS USM
シチトウメジロZosterops japonicus stejnegeri
EOS 7D Mark II+EF400mm F5.6L USM

八丈島は観光の島。非日常を楽しむ島なのです。たとえ霧の天気でも、非日常として、八丈島を楽しみ尽くしましょう。

タイトルとURLをコピーしました