2021年11月12日、東京都八丈島の八丈富士で冬の花を見てきました

八丈島のフィールド

つい最近まで暖かった八丈島。今は、マウンテンパーカを着るようになりました。

でも、車の中では暑いんですけれどもね

ガイドの仕事が連続で入って嬉しい悲鳴が上がっていました。ようやく休みらしい休みです。


今日は、「2021年11月12日、東京都八丈島の八丈富士で冬の花を見てきました」と題してのお話です。


スポンサーリンク

狙っていた花は色々ありましたが、思うように撮影できませんでした

休みといっても、午前中は環境調査の仕事です。例によって、10箇所回りました。

お昼にスコールが起きましたが、うまく回避しましたね

続けていますと、コツが分かってきました

調査中、依頼はされていませんが、どんな植物があるか一応見ています。ただ、写真に撮れそうなベストの状態のツワブキ、アキノキリンソウ、ワダン、イソギクなどはありませんでした。

もう少し観察が必要ですね


ウスベニニガナ

八丈島に来た当初、ウスベニニガナは私にとってはただの雑草でした。足元に目がいかなかったのです。

でも、年々、

八丈島の自然は野鳥だけではない

と思うようになり、視野が広がってきました。そして、足元に鮮やかな花が目に入るようになりました。

ウスベニニガナといいます

薄紅というよりは、鮮やかなピンクでしょうか。花の形状は派手ではありませんが、私たちの身近なところには、こんな花があるのだと気づかせられる植物です。

ウスベニニガナEmilia sonchifolia (L.) DC. var. javanica (Burm. f.) Mattf.
EOS 6D Mark II+70mm F2.8 DG MACRO Art

ナンバンギセル

ナンバンギセルは、スギ科の植物の根本に現れます。

寄生植物です。にゅ〜っと地面から茎が伸び、花が咲くだけです。

葉がないので少し不気味ですね。

このナンバンギセル、本来の季節は秋ですが、なぜかありました。

生き物は、線を引いたように、季節の変化を検出し、応対するわけではありません。ある程度幅をもたせます。

そのため、早く花をつける個体もあれば、遅く花をつける個体もあります。種の保存にはこのようなバラツキが役に立っています。

ナンバンギセルAeginetia indica
EOS 6D Mark II+EF100mm F2.8L Macro IS USM

イズノシマダイモンジソウ

実は、今日は、この花を見に行くのが目的でした。八丈富士、三原山ともイズノシマダイモンジソウはたくさん咲いていますね。

自分のイメージに合った個体を探したのですが、何を撮影したら良いのかよく分かりませんでした。

私は、野鳥写真が一番得意で、植物は苦手です。色々悩んだあげく、最終的にこの1個体を撮影しました。

イズノシマダイモンジソウSaxifraga fortunei Hook. f. var. jotanii (Honda) Wakab. 
EOS 6D Mark II+70mm F2.8 DG MACRO Art 

今日は、晴れ間が見えたり、急に曇ってスコールが起きたりと、八丈島の天気はとても忙しかったですね。

私も、何度か雨に当たりました

せっかく外にでましたので、八丈小島を見に行きました。

最近、夕方の八丈小島を見に行くのがおっくうでした。でも、外に出たら、なかなかの美しい八丈小島が見られました。

EOS 6D Mark II+EF24-105mm F4L IS USM

明日はヘゴの森ツアーで団体さんをご案内する予定です。

予約されたお客様、明日はよろしくおねがいしますね

タイトルとURLをコピーしました