2022年12月21日、穏やかな天気の東京都八丈島を回り、八丈小島、青ヶ島、御蔵島、三宅島を見てきました

八丈島のフィールド

昨日は、曇り、小雨、晴れ間がのぞき、四六時中変化する天気でした。それでもヘゴの森のガイドは楽しかったですね。

今日の午前中、溜まっていた家のこととAmazonの誤配送の返品をし、雑用を片付けていました。

できれば、環境調査の仕事も片付けておけばよかったですね

まあ、やるべきことの大部分は終わらせたので、ご褒美に午後はぶらりと過ごしました。


今日は、「2022年12月21日、穏やかな天気の東京都八丈島を回り、八丈小島、青ヶ島、御蔵島、三宅島を見てきました」と題してのお話です。


スポンサーリンク

八丈小島

八丈島の風景では、一番身近でアイコン的な存在の八丈小島。いつ見ても綺麗ですね。

一年を通しますと、八丈島からたった4 km離れているだけなのに、見えなくなったり、大雨になったり、様々な姿を見せてくれます。

昨日まで、波は高く、空は雲が多めでした。今日は、八丈小島上空を羊雲が覆っていました。

毎回写真を撮っていますが、八丈小島の姿はいつも違って面白いですね

八丈小島
EOS 6D Mark II+EF16-35mm F4L IS USM

青ヶ島

青ヶ島といいますと、最近では、私は「青ヶ島ちゃんねる AOGASHIMA Channel」を連想してしまいます。

青ヶ島に住んでいるYouTuberさんですね

私はブログをやっていますが、このブログでも写真撮影に4-5時間、記事に2-3時間とけっこう大変です。

そして、YouTubeになりますと、動画撮影、編集、音声や効果音、台本の原稿書き、サムネ作成、人が絡んだら承諾をとったりと、ブログよりももっと大変です。

青ヶ島ちゃんねる AOGASHIMA Channelさんは、ずっと継続して更新をしていますし、チャンネル登録も7万人もあります。

運営はとても大変なのに根性あるなぁ・・・

といつも感心させられています。

青ヶ島ちゃんねる AOGASHIMA Channel
青ヶ島生まれ。最近帰郷した青ヶ島での暮らし。基本的に普通の日常ですが、島外の人からすれば非日常なのかもしれません。青ヶ島のここが見たい!等リクエストがあればどうぞ。 #散歩 #キャンプ #国内旅行 ブログ/青ヶ島ちゃんねる

さて、その青ヶ島。八丈島からは70 km南にあります。

そして、いつも見られるわけではありません。夏は海からの水蒸気で見えないことがよくあります。

一方、冬になりますと気温が下がります。湿度も下がりますので、海水面上がクリアになります。

そうしますと、水平線上に青ヶ島が見られます。条件が揃いますと、その青ヶ島に白いものが見えます。

天水の取水場でしょうか?

青ヶ島
EOS 7D Mark II+EF400mm F5.6L USM

御蔵島と三宅島

さらに条件が揃いますと、八丈島の北側に御蔵島と三宅島が見られます。八丈島-御蔵島は90.3 km、八丈島-三宅島は112 km離れています。

八丈島からは、御蔵島と三宅島は重なって1つの島のように見えます。

海を眺め、色々なことを馳せられるわけですから、私は随分と贅沢な時間を過ごしていると思います

御蔵島と三宅島
EOS R3+Mount Adaptor EF-EOS R+EF400mm F5.6L USM

今日の八丈島は、風も無く海は穏やかでした。冬ですので、視界もクリアでしたので、八丈島周辺の島である八丈小島、青ヶ島、御蔵島、三宅島の全てが見られました。

全部見られるのは稀です。今日の午後はぼんやりと過ごしていましたが、実はとてもラッキーな日でした。

タイトルとURLをコピーしました