台風12号通過後の八丈島は強風、小雨、曇りでした。その様子

八丈島のフィールド

2020年9月24日、台風12号が八丈島近くを通過しました。飛行機は羽田ー八丈島間の1便、2便の全便欠航し、船は25日までの3日連続で欠航しました。

その影響で、小包の出荷の遅延、スーパーでは徐々に空のコーナーが増えて来ました。天候が悪くなると物資の移動が滞るのは、離島ならではの問題があります。

離島では、台風が近づきましたら、まず食糧確保です。


今日は、「台風12号通過後の八丈島の天気は、強風、小雨、曇りでした。その様子」と題してのお話です。


先日の様々の箇所の閉鎖もありましたので、解除になりましても、すぐに道路や林道へ行ってはいけません。ワンクッションおいてから行ったほうが安全です。

実際、鴨川林道では土砂崩れが起きました。安全が確認されるまでは、しばらくは林道に入らないほうがいいです。


スポンサーリンク

裏見ヶ滝

早朝は強風でした。

坂上の方も強風と霧のような小雨。遠くの三原滝も出現していました。

台風が通過すると島には大量の雨が降ります。中之郷の裏見ヶ滝も怖いくらいに増水します。

台風通過後の裏見ヶ滝
EOS 6D+EF16-35mm F4L IS USM

八丈小島

いつもですと、台風が通過すると天気はよくなるのですが、今回は曇りか雨でした。八丈小島の上空も厚い雲に覆われ、ときどき雲の切れ間から光がこぼれていました。

八丈小島
EOS 6D Mark II+EF24-105mm F4L IS USM

眠るイソヒヨドリ

野鳥は家がありません。台風が来ている時は、木や岩の影に身を置いてやり過ごすしかありません。

昨晩はとても疲れたでしょう。イソヒヨドリのメスは木に留まってぐっすりと眠っていました。

そっと数枚撮影し、離れました。

眠るイソヒヨドリのメス
EOS 7D Mark II+EF400mm F5.6L USM

美人のイソヒヨドリのメス

イソヒヨドリといえば、以前から気になっているフィールドがありました。ここは、3羽のオスがいつも争っています。

その原因がわかりました。これです。

イソヒヨドリのメス
EOS 7D Mark II+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4xIII

メスがいました。イソヒヨドリのメスは、先ほどの写真のように地味な色合いをしています。

地味は地味なのですが、とても可愛くないですか?いろいろ野鳥を撮影してきましたが、かなりの美人さんと思いました。

オス3羽がひたすら争い続ける理由がわかったような気がします。

相手を見つけ、餌用のフィールドと営巣のための候補地を確保。イソヒヨドリは春までにやることがたくさんあります。


台風の通過後は、野鳥は人に対して警戒心が若干弱くなります。この瞬間にいろいろなものを見させていただきました。

知らないことは、まだまだたくさんありますね。

タイトルとURLをコピーしました