2021年8月中旬、最近の東京都八丈島のヘゴの森の様子

八丈島のフィールド

今日の八丈島は、ときおり1時間あたり50 mmの大雨でした。こういう日は、山へ行ったら土砂崩れに巻き込まれますので、じっとしていた方がいいですね。

まあ、今日は、私の方も別口で仕事がありましたので、たまにはフィールドに出るのもお休みでいいでしょう。


夏のヘゴの森は、木々の葉が茂るので、真っ暗になります。

私が撮りたい写真は、撮れなくなります

と思っていました。でも、実際は違いました。

そんなわけで、最近は、ヘゴの森も仕事以外で見に行くようになりました。


今日は、「2021年8月中旬、最近の東京都八丈島のヘゴの森の様子」と題してのお話です。


スポンサーリンク

ヘゴの森では、台風9号、10号の爪痕はまだ残っています

ヘゴの森は、最近は、なるべく自然な状態で維持するように試みています。

さすがに、危ないものは取り除きますけれどもね

台風9号、10号が通過したあとも、八丈島は強風が吹いていました。そのため、枯葉、落枝、タケが折れたりと、道がかなりワイルドになっていました。

ヘゴの森の入口付近もこんな感じになっていました

iPhone 12

曇り空のヘゴの森の中は暗いです

ヘゴ自体はとてもユニークな植物です。見る方も、毎回、新鮮味があります。

でも、視線を上に見上げると、八丈島は南の島で明るいイメージですが、ヘゴの森はけっこう暗いです。

最近は、こんな状態です。デジタル一眼レフで撮影するときは、だいたい三脚+スローシャッターになります。

でも、今の携帯ですと、手持ち撮影でも十分に撮影できます。技術の進歩ってすごいですよね。

iPhone 12

一瞬のために、ヘゴの森に入るときは、いつも超望遠レンズを持っていきます

仕事は除いて、私は、自然に関わるものしか写真を撮りません。動物、昆虫、植物、風景の優先順位で撮影します。

ヘゴの森は、今の時期、基本真っ暗ですので、写真には向きません。でも、一瞬ですが、光の当たるところに野鳥が来たりします。

オーストンヤマガラParus varius owstoni
EOS 7D Mark II+EF400mm F5.6L USM

これはオーストンヤマガラです

EOS 7D Mark IIの撮影の限界でしたね。いつか、もっといいカメラで撮影したいと思います。


湿度の高いヘゴの森では、キノコが見られます

ヘゴの森を散策していますと、全体のカラーリングとは違う色を見つけました。「何だろう?」と思って近づいてみますと、キノコでした。


EOS 6D Mark II+70mm F2.8 DG MACRO Art

不思議なことに、このキノコ、気根があるヘゴの幹から生えていました。せっかくですので、撮影したのですが、間違ってキノコに軽くレンズを当ててしまいました。

そうしますと、傘の上部の赤色、裏側の管孔の黄色が、一瞬で青くなりました。

?
EOS 6D Mark II+EF50mm F2.5 Compact Macro

私は知らなかったのですが、これはイグチ科の特定のグループの特徴だそうです。偶然の失敗ですが、このおかげで、このキノコはコウジタケではないかと思っています。


いかがでしたでしょうか?ヘゴの森のガイドをやっていても、知らないことはたくさんありますね。

「知らない」をそのままにするよりも、たとえ分からなかったとしても、見る行動、調べる行動は今後の蓄積になります。

今後も学び続けようと思います

タイトルとURLをコピーしました