春の東京都八丈島で遠くから野鳥を観察しました

八丈島のフィールド

今日は少々風がありました。昨日、おがくず作りをしてよかったです。

そうでないと、作ったおがくずが、風でどこかへ行ってしまいますからね(笑)

普通の生活に戻るまで、あと10日です。たぶん、感染はしていないように思えますが、念には念をです。

そんなわけで、今日も、ほぼ誰とも会わず、誰とも話さない生活でした。


今日は、「春の東京都八丈島で、距離をおいて野鳥を観察しました」と題してのお話です。


スポンサーリンク

鳥のいる風景は、私の野鳥写真の基本

今でこそ、600 mmの焦点距離の超望遠レンズを使うことも多いですが、元々は、もっと焦点距離の短い400 mmのレンズを使っていました。

そして、400 mmが一番好きなレンズですので、いつも車の助手席においています

400 mmだと短いから、野鳥でアップでは撮れないのではないですか?

超望遠レンズの特性をよくご存知ですね

ポジションのとり方によってはアップの写真も撮れますが、確かに鳥のいる風景写真になる場合が多いです

実をいいますと、私はその鳥のいる風景が好きだったりします。

そういうわけで、遠くから野鳥を観察し、場合によっては写真を撮影しました。



羽を休めるウミネコ

今、八丈島の海上ではウミネコが見られます。ペアも作り始め繁殖期に入りました。

鳥は空を自由に飛ぶイメージが先行していますが、本当は飛びません(笑)。

疲れるのが嫌なんでしょうね

そんなわけで、羽を休ませているウミネコの群れの写真を撮りました。

ウミネコLarus crassirostris
EOS 7D Mark II+EF400mm F5.6L USM

みんなてんでバラバラですね。リラックスしていますので、これが本来の姿です。


光の中のチュウサギとアオサギ

八丈島は雨あるいは曇りが多いです。ですが、ここ最近、晴れの日が多いですね。

八丈島らしからぬ天気ですね

八丈島の気候に慣れてしまったためか、私は晴れの日の撮影は苦手です。でも、チュウサギとアオサギがいいところにいましたので、そっと遠くから撮影させてもらいました。

チュウサギArdea intermedia
EOS 7D Mark II+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4xIII
アオサギArdea cinerea
EOS 7D Mark II+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4xIII

若い頃はこのような写真も撮影していましたが、最近はさっぱりです。若かりし頃を思い出して撮影しました(笑)。

遠くからの撮影ですので、これらの2種は「微動だにせず」です(笑)。飛び去らなかったから、一応は私を認めてくれたのでしょう。

私は、野鳥とこのような関係が大好きです


せっかくの天気ですので、夕焼けも見ました

八丈島はとてもコンパクトです。そして、その狭い面積に美しい地形がギュッと詰まっています。

どこを見ても絶景ですので、私は八丈島が大好きです

そして、その絶景が夕方になりますと、こんな感じになります。

EOS 6D Mark II+EF24-105mm F4L IS USM

八丈小島の夕焼けもきれいですが、こちらの八丈小島と八丈富士の夕焼けも捨てがたいです。

観光業は、またダメージとなりました。決まったことは仕方がありません。

私のブログが、お客様にとって、解除後の八丈島への来島の予習になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました