初夏の東京都八丈島で、通過場所で待ち伏せして野鳥を観察しました

動物

今日も、八丈島では、レンタカーのお客様が見られました。今日と明日を有給休暇にしますと、長い休日になりますね。

賢い休日のとり方ですね

昨晩は暴風雨でした。こういうときの翌日は何かが起きます。


今日は、「初夏の東京都八丈島で、通過場所で待ち伏せして野鳥を観察しました」と題してのお話です。


今日出てくる野鳥は、今年の私にとっては全て苦手です。どうしたらいい感じで観察できるのか、ずっと悩んでいました。

とりあえず、1年前からずっとデータをとっていました。それと昨晩の天候の結果を組み合わせてみました。


スポンサーリンク

行動パターンのおかしいメダイチドリ

先日、メダイチドリを撮影しましたが、遠すぎて目の大きさが分かりませんでしたね(笑)。でも、あれでも、観察の距離は近い方なんですよ。

シギやチドリは、基本的に、離されます。

風が強いと何が起きるでしょうか?

飛ばされて八丈島に来る?

私もそう考えています

その証拠に、「私、ここ知らない・・・」という行動を野鳥がするからです

距離が遠いはずのメダイチドリ、待ち伏せしていましたら、こんなに近くに来てくれました。

メダイチドリCharadrius mongolus
EOS 7D Mark II+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4xIII

う〜ん・・・

なんとなく、目が大きいでしょうか?(笑)


1年前と同じ場所に現れたキョウジョシギの群れ

1年前、私はキョウジョシギと出会いました。

この日も暴風雨で、ずぶ濡れになりながら撮影したのを覚えています。

昨晩も暴風雨でした。

もしかしたら、また起きるかも・・・?

と期待して待っていたら、現れました。

キョウジョシギArenaria interpres
EOS 7D Mark II+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4xIII

写真では1羽ですが、実際は群れです。群れの観察は難しく、一度、「こいつは嫌なやつ」と覚えられたら、二度と見られなくなります。

待ち伏せ場所で軽く撮影して、そのあとは、近すぎたので離れて観察しました。


気まぐれのチュウシャクシギと出会いました

チュウシャクシギは、今日紹介する野鳥の中で、実は、一番苦手です。いつも、だいたい「点」のような距離で見ています(笑)。

無理なものは無理です(笑)

ですので、チュウシャクシギについては全く期待していませんでした。ところが、何を血迷ったか、向こうから私の方に歩いてきました。

チュウシャクシギNumenius phaeopus
EOS 7D Mark II+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4xIII

せっかくの機会ですので、撮影させていただきました。でも、このあとは、

あ゛っ!!

違う違う!!

といわんばかりに、向きを変えて去っていきました。

まあ・・・

私とチュウシャクシギの関係は、これが普通ですよね・・・

世の中、何でも思い通りになるわけではありません。


別に、ここまで近くに来なくてもいいムナグロ

今年の春のムナグロは、とても苦戦しました。初めて会って点のような距離なのに、ピューっと飛ばれてしまいました。

何か悪いことしたかなぁ・・・

でも、八丈島では、ムナグロはいつも同じ場所にいるわけではありません。探せば、それなりの場所にいます。

ですので、待ち伏せしてみました。

そうしますと、私の近くをみんな歩いて通過しました。

ムナグロPluvialis fulva
EOS 7D Mark II+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4xIII

ここまで来なくても良かったのですが、近すぎです

逆に、動けなくなり、私はムナグロの群れが居なくなるまでじっとしていました(笑)。


今回は、1年前のデータが役に立っています。

研究者だったときもそうでしたが、ノートには気がついたことは何でも書いていました。ポイントは先入観を持たないことです。

自分で調べ続けると、ミリ単位で違いを見抜く目が成長します。ちょっとした野鳥の声の変化、飛び出す場所や角度からは、様々なメッセージが含まれています。

1年後はもっと楽に観察できるよう、周囲で起きる事象に注意しながら、ノートに記録をつけたいですね。

タイトルとURLをコピーしました