風景撮影専用のマンフロット+スリックの三脚について

写真機材

八丈島は一周60 kmです。とても小さな島ですね。

小さな面積にたくさんの絶景がぎゅっと集まっていますので、行き先が迷ってしまいます。眼に映る景色を残したくて、野鳥写真専門の私もEF16-35mm F4L IS USMEF24-105mm F4L IS USMEF70-200mm F4L IS USMを揃えました。

風景を撮るときは、私はF8-16の絞りの値を使います。夕方や暗い森ではISOを低く設定するとシャッタースピードが遅くなります。

そこで、三脚の出番です。


あれ?

私は風景撮影用の三脚って持ってたっけ?

今日は、私の風景撮影用のマンフロット+スリックの三脚についてのお話です。

2020年の現在、三脚メーカーは選り取り見取りになりました。大人気のマンフロット、夢のジッツオリアリーライトスタッフ、日本メーカーのベルボンスリック、そして、最近その実力が広まっている中華メーカーのレオフォトなどなど。

でも、三脚なんて何本も買えません。そのお金はレンズかカメラ、あるいは別のことに使いたいですよね。

私もお金はできれば使いたくないのです。


タンスの中を漁っていたら、昔使っていたスリックのマスターIII三脚が出てきました。

この三脚は3段の脚でエレベーター付きです。フリーターン雲台という独特の雲台がついており、1つのハンドルで上下・左右を一度にロックできます。軽量なEF400mm F5.6L USMにはピッタリの三脚でした。

でも、私は超望遠レンズの使用時は90%が手持ち撮影ですので、結局タンスの肥やしとなっていたわけです。


いざ風景撮影に使ってみると、超望遠レンズを使うときは快適だったのに、このフリーターン雲台は使い勝手が悪いのです。上下・左右は素早いのですが、水平を出すのは、雲台の構造上の問題で時間が余計にかかります。

う~ん

新しい三脚は買いたくないし・・・

普通、三脚は雲台と脚は同じメーカーですよね。でも、三脚って雲台と脚は別々のメーカーでも接続が可能なのです。

それを思い出して、上下、左右、水平出しを簡単に決められる3-way雲台をいろいろ探してみました。その結果、コストパフォーマンスが高かったマンフロットのMHXPRO-3Wの雲台を選びました。


長所

  • 3-wayのそれぞれのレバーの長さは縮めてコンパクトにできます。持ち運びに便利です。
  • 水準器付きです。
  • フリクションダイアルによって、3-wayのそれぞれの負荷を変えることができます。
持ち運び時にレバーの長さを短くすることができます。
フリクションダイアルで負荷を変えることができます。

短所

  • この雲台は、最近流行りのアルカスイスプレート互換ではありません。使用時は、カメラのボディーにクイックリリースプレートをつけなければなりません。
  • ギア雲台ではないので少々ガタつきます。それでも、私のようなアマチュアには十分と思っています。
クイックリリースプレートの固定レバーが見えます。
右側には水準器が付いています。

雲台と脚の接続方法

MHXPRO-3Wの雲台とマスターIIIの脚は直接接続できません。両者の間にU1/4インチネジからU3/8インチネジへ変換するアダプターを挟みます。



スリックのマスターIIIの脚

脚だけの全高は1,525 mm。エレベーターのスライド幅は295 mm。

長所

  • 最大搭載質量は5 kg。EOS 6D Mark II+前述のレンズは、どれをつけても余裕です。

短所

  • アルミ製なので2,800 gと少々重いです。でも、重い分、同じ大きさのカーボン製の三脚と比べて、八丈島の強風に飛ばされにくいです。

このマンフロット+スリックの三脚は風景撮影専門に使っています。

EOS 6D Mark II+EF24-105mm F4L IS USM

古い三脚もパーツを工夫すればずっと使えます。あなたの押入れにも三脚が眠っていませんか?ウイルス問題が解決したら、ぜひ復活させて写真ライフを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました