2021年7月13日、東京都八丈島は天気に翻弄された一日でした

八丈島のフィールド

八丈島のパンフレットを見ますと、青い空と青い海の写真が掲載されています。イメージは、沖縄のリゾートみたいです。

でも、どの土地に住んでも、美しいと思えるシーンもあれば、そうでないシーンもあります。

これは、あなたが住んでいる土地だけでなく、沖縄も同じです

そして、八丈島でも同じです。青い空と青い海の景色もあれば、そうでない景色もあります。


今日は、「2021年7月13日、東京都八丈島は天気に翻弄された一日でした」と題してのお話です。


スポンサーリンク

八丈島は突然雨が降ります

最近、頻繁に夜に光るキノコを撮影しているせいか、体内時計がおかしくなっています。

なんか、ぼ〜っとしていますね

カメラ機材を車に積んで出かけましたら、突然雨が降り出しました。

天気予報はばっちり当てましたね(笑)

天気が変わりやすいということは、雨が場所を移動するシーンが見られるということです。

八丈島に隣接する八丈小島に目を向けますと、雨が通過している瞬間が見られました。

EOS 6D Mark II+EF24-105mm F4L IS USM

本土ではなかなか見られませんが、八丈島ではレアな気象の変化そのものを見ることができます。


梅雨といえばアジサイ

本土でも梅雨=アジサイですね。ここ八丈島でもそうです。今の時期ですと、ガクアジサイが満開です。

ガクアジサイHydrangea macrophylla
EOS 6D Mark II+EF50mm F2.5 Compact Macro

順番に花を咲かせていますので、ず〜っと咲いているみたいに感じますね

そして、ガクアジサイのあと、次のアジサイが準備しています。

ラセイタタマアジサイHydrangea involucrate var. idzuensis hayashi.の蕾
EOS 6D Mark II+EF50mm F2.5 Compact Macro

これはラセイタタマアジサイの蕾です。まんまるの蕾で、このあとくす玉を割るような感じで中の花が出てきます。

楽しみですね


白い密集した花を着けている樹木は、実は種が変わっています

先日は、サクノキを紹介しました。樹木の上に白い花がたくさん着いていましたね。

ところが、今の時期の白い花は、徐々に違う樹木にバトンタッチしています。

カラスザンショウZanthoxylum ailanthoides
EOS 7D Mark II+EF400mm F5.6L USM

カラスザンショウといいます

見分け方は、

  • サクノキよりも花の時期が遅い
  • 花の並びが水平になっていること
  • 茎に棘があること

です。

写真を撮っているときは、雨直撃でした(笑)


今の時期はシマホタルブクロと出会う機会が多いです

今日は強風ではありませんでした。そうしますと、雨が降ったあと、水が蒸発して霧が発生しやすくなります。

シマホタルブクロの写真を撮っていたときも、霧が発生していました。

シマホタルブクロCampanula microdonta Koidz.
EOS 6D Mark II+EF50mm F2.5 Compact Macro

今日は、たくさんの昆虫が花の中に入り、ご飯兼雨宿りをしていました


今日は、曇り、雨、そして晴れでした。天気に翻弄されていましたね。

午前中、雨雲に覆われていた八丈小島は、午後は青空に包まれていました。

EOS 6D Mark II+EF24-105mm F4L IS USM

まもなく、八丈島も夏ですね。文字通り、青い空と青い海の景色になります。

1年で一番お客様を魅了する季節になります

ぜひ、ルールを守って、八丈島をお楽しみくださいね

タイトルとURLをコピーしました