大人は、子供に、「勉強しなさい」と言えるのか?

その他

私は、八丈島に来てから、八丈サイエンスクラブを運営してきました。子供たちは、未知の世界に足を踏み入れ、知らないという恐怖に打ち勝ち、世界初の実験結果を積み重ねてきました。

正直、元研究者の目から見ても、子供たちの成果はとても怖かったです

私が現役の研究者時代、習慣化していたのもありますが、先が読めました。でも、どんなに研究者としての経験を積んでも、子供たちの私の知らない力には恐れおののいたものです。

私は、そのような子供たちとどう接したのか?


今日は、「大人は、子供に、「勉強しなさい」と言えるのか?」と題してのお話です。


スポンサーリンク

私の指導の基本ルール

私は、仕事を始める前に、責任者に必ず言うセリフがあります。

やってはいけないことはなんですか?

たったこれだけ。

私は指示されたルールは守ります。でも、それ以外はなんでもやります。

研究とは、どこに新規な事象が潜んでいるか分かりません。ですので、人が考えたルールで終わらせるわけにはいかないのです。

多くの場合、子供たちは、大人(私)が決めたルール外から新規の結果を見つけました。ここまで結果を見せられると、「子供」だからと考えるよりも、私と対等以上と扱うしかありません。

大人の私にとっては、屈辱的でしたけれどもね(笑)


知らないことを知る苦しみ

子供たちは、たくさんのアイディアと徹底的な実験と追試によって、新規の事象を次々と見つけました。

野球選手は、スランプから脱出するときに、意識して素振りをしますね。

調子のいいときは、バットが通る一定軌道の型ができます。スランプのとき、繰り返し練習しますと、そこから外れたものが、ノイズとなり、野球選手はスランプの原因を気づきます。

研究の世界も似たようなことが起きます。ダンゴムシの実験のときは、子供たちは、野球選手と同じように繰り返しの連続でした。

そして、知らないことを知るためには、相当の苦しみを味あわなければなりませんでした


子供たちは、意外と学校の成績は良くなかった

これは、あとから聞いた話です。私の目からは、子供たちは豊かな科学的な視点を持っていました。

少なくとも、私が同じ学年だったときよりも優れていました。こんなことが出来るのだから、学校では、成績がいいと思っていました。

もちろん、そのような子供もいましたが、ほどんどは普通の成績だったようです。八丈サイエンスクラブでは、子供たちの学校とは違った長所が表に出ていたようです。


大人(私)が、子供たちに言えること

残念ながら、私は「勉強しなさい」を子供たちに言いづらいです。だって、ほとんどの子供たちの成績は、当時の私よりも上でしたから。

それでもいわなければならないときは、どうすればいいのですか?

難しい質問ですね

私は、子供たちが苦しんでいることと、同じ苦しみを味わって背中を見せました

ダンゴムシの実験は再現性を得ることが必要でした。これが、同じことの繰り返しで、本当につまらない。

研究はつまらないもの

これは、私の口癖ですが、それを地で行っていました。ですので、

つまらないよ〜

という不満不平の言葉をたくさんの子供たちから聞きました。

まあまあ、僕もやるから

と、こんな言葉しか話せませんが、子供たちの苦しみを共有して、一緒に前に進むしかありませんでした。

子供たちが、考え、作り、実験に使った膨大な数のダンゴムシの迷路。異なる作りになっていた。

私は、子供たちから見れば、おじいさん世代に入りかかっています。子供たちが通う「学校」からは、かなり離れてしまいました。

基本的に、今、大人の私が子供たちに対して出来ることは、同じ苦しみを味わうことです。

算数が嫌い

と言われれば、いっしょに頭を痛めて算数をしますし、

英語が嫌い

と言われれば、いっしょに頭を痛めて英語の本を読まなければなりません。

そうでなければ、私は、子供たちから見れば、ずるい大人ですし、不公平な大人になってしまいます。

今は準備中ですが、間もなく、八丈サイエンスクラブは再開します。今後、このようなネタは、新たに開かれる八丈サイエンスクラブのwebpageに書くことになります。

私にとっても、苦しい時間を子供たちと過ごすことになりますが、これはこれで、楽しみな時間でもあります。

八丈島の子供たちも、大人の方々も、楽しみにしていてくださいね

株式会社サイエンスクラブ
わたしたちのビジョン東京都八丈島の小学生から高校生をターゲットに実施し、数々の受賞歴を持つ地域科学講座「八丈サイエンスクラブ」。この従来の学校教育枠では実現できなかった質の高い教育を全国に広げ、新たな次世代人材育成やソーシャルキャピタル(s
タイトルとURLをコピーしました