2022年9月16日、東京都八丈島のヘゴの森のツアーの様子

ヘゴの森ツアー

来週はシルバーウィークに突入します。実は、ヘゴの森の予約はほとんど埋まっています。

お問い合わせいただいていらっしゃるのに、ご希望にそえず、大変申し訳ございません

さて、今日は、ヘゴの森では珍しい男性のお客様です。


今日は、「2022年9月16日、東京都八丈島のヘゴの森のツアーの様子」と題してのお話です。


スポンサーリンク

過密スケジュールのお客様

なかなかの体格のお客様です。

八丈島はどこか行かれましたか?

八丈富士を登り、お鉢回りもしてきましたよ

途中、落ちそうで怖かったです

登山の途中、階段で心を何度か折られませんでしたか?

本当にそうなんですよ

もう終わり・・・と思って、登り着いたら、階段がまだ続くっていう・・・

それが八丈富士なんですよ(笑)


ヘゴの森コースの様子

ヘゴの茎は、気根が覆っています

そして、ヘゴが傾きますと、重力に引っ張られて、気根もぶら下がるんですよ

どれどれ

お客様は、手で硬い気根を触って確かめていました。

iPhone 12

ヘゴの横の部分、模様がついていますね

これは、葉柄が折れた跡です

よ〜く見ますと、師管と導管が見られます

iPhone 12

ヘゴの森を見下ろす高台に来ました。

これはすごい

一年を通して、ここから色々なヘゴの森の様子を見ることができます。

記念撮影をしてもいいですか?

もちろんですよ!

お客様は、それぞれのカメラでヘゴの森の樹冠を撮影したあと、記念撮影をしました。

iPhone 12

ヘゴの森散策路全コースの様子

お客様は、若いヘゴの茎に密集する鋭いトゲに興味を持たれ、撮影者と手タレとに分かれて写真を撮られていました。

iPhone 12

ジャングルをさらに進みます。歩いてきた道を振り返っていますが、どこを歩いてきたか分かりませんね(笑)。

iPhone 12

フウトウカズラによるスギの墓場に来ました。

スギを倒してしまったら、フウトウカズラは光合成が出来ないはず

何のために生きているのでしょう・・・?

お客様の素朴な質問は、実は、真を突いていることが多いです。答えるのが難しいですね。

iPhone 12

これ、アシタバですね

昨日食べました

ここで見られるのは、花をつけたアシタバです。個体としては、成熟していて、食べられる葉はありませんでした。

お店で出てくるのは、このような散策路のアシタバではなく、ちゃんとしたアシタバ畑で栽培され、収穫されたものなんですよ

へぇ〜

iPhone 12

ヒカゲヘゴの森に来ました。

樹高でいいますと、ヒカゲヘゴは、ヘゴの2倍くらいですね

6月の時期は、このあたりは霧で包まれ、とても幻想的になるんですよ

ですので、プロの写真家さんたちは、その時期に合わせてヘゴの森へいらっしゃいます

もちろん、今日みたいに、晴れの日は晴れの日でいいんすけれどもね。

iPhone 12

ヘゴの森って、シダ植物が多いですね

学校の授業で習いましたが、こうして手にとって実物を見るのは初めてです

お客様は、ハチジョウベニシダの表面と裏面を観察されていました。

iPhone 12

ヘゴの森散策路全コース、とても面白かったです

このあと、硫黄沼と唐滝に行きます

過密スケジュールですので、怪我をされないで下さいね

はい、気をつけます!

今日は、ヘゴの森へいらしていただき、ありがとうございました

iPhone 12
ヘゴの森ツアー
ヘゴの森についてヘゴの森の自然は八丈らしさが凝縮し、群生するシダ植物や豊富な伊豆諸島固有の植物が観察できます。沢になっていることもあり、様々な野鳥の姿も目にすることができます。ヘゴの森はヘゴ谷の路とシイの尾根路からなる遊歩道です。ヘゴ谷の路

明日のブログの更新は、お休みします。

タイトルとURLをコピーしました