Canon

動物

400 mmの超望遠レンズで、どんな野鳥写真が撮れるの?

400 mmの超望遠レンズは、600 mmに比べて焦点距離が短いですが、コストパフォーマンスの理由から野鳥写真の入り口にピッタリのレンズだと思います。どのような野鳥の写真が撮れるのか、実際の写真を見せながら解説します。
写真機材

ポケットに入るもう一つの超望遠レンズ: テレコンバーター

野鳥撮影に使う超望遠レンズは焦点距離300 mmから800 mmです。安いものですと7万円くらいからありますが、高価なものですと180万円と車が買えるようなものまであります。 私の場合は、EF400mm F5.6L USM(中古で7...
写真機材

フィールドで活躍する望遠マクロレンズについて

私は、大学生の時に野鳥写真から写真を始めました。ですので、300 mmや400 mmの超望遠レンズからスタートです。 フィールドで観察をはじめると、野鳥は、食べ残し、ペレット、死骸など、様々な跡を残すことがわかってきます。先輩たちか...
写真機材

野鳥写真用の憧れの超望遠レンズ ーEF600mm F4 IS II USMー

600 mmは野鳥写真愛好家には夢のレンズです。近年はタムロンやシグマからライトバズーカとよばれる600 mmの焦点距離に到達するズームレンズがリリースされ、比較的安価、軽量、高性能のレンズとして人気を誇っていますね。 (funct...
写真機材

小さくて万能な接写レンズ ーEF50mm F2.5 コンパクトマクロー

一昔前は50 mmマクロレンズが接写の主流でした。CanonのEF50mm F2.5 コンパクトマクロの長所と短所、作例を紹介します。
写真機材

野生動物を撮影するための主力の超望遠レンズ ーEF400mm F5.6L USMー

私が野鳥写真で最も使う超望遠レンズーCanon EF400mm F5.6L USMーの長所と短所を紹介します。
写真機材

島で使っている野生動物撮影用のデジタル一眼レフカメラ

前回、Canon EOS 6D Mark IIを紹介しました。今回は、私が野生動物撮影専用に使用しているデジタル一眼レフカメラ、EOS 7D Mark IIを紹介します。 長所 EFレンズが全て使用できます。光学ファインダー...
写真機材

島で使っている風景やマクロ写真撮影用のデジタル一眼レフカメラ

八丈島の景色はとても美しいですね。この景色をカメラで記録に残したいところ。 今日は、「島で使っている風景やマクロ写真撮影用のデジタル一眼レフカメラ」と題して、私が使用しているCanon EOS 6D Mark IIを紹介します。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました