2021年12月1日、EOS R3の設定をしました

写真機材

今日の八丈島は、天気予報どおりの強風です。ANAの1便、東海汽船の定期便とも欠航しました。

島で暮らしますと、このようなことはよくあります

2021年11月22日の朝に腰を痛めてから9日が経過しました。未だに完治していませんので、かなりの重症ですね。

ただ、昨日からサンツールDFを使うのをやめましたので、回復は進んでいるようです。

家でのデスクワークの間に、またEOS R3を触りました。


今日は、「2021年12月1日、EOS R3の設定をしました」と題してのお話です。


YouTubeでは多くの写真家さんがEOS R3の設定を公開されていますね。私もIlko Allexandroffさんと西田航さんの設定動画を参考として拝聴しました。

Ilko Allexandroff
ポートレート・フォトグラファー / Portrait Photographer  神戸在住・フォトグラファーです。ブルガリアです。  ファッション・ポートレート撮影を中心に全国で活動しています  YouTube においてはポートレート写真のテクニックや、クリエイティブなライティングを駆使した動画をアップしています  ...
Wataru Nishida 西田航
ビジネスに関するお問い合わせはウェブサイト watarock.com をご利用ください。 このチャンネルでは撮影技法のレクチャー、機材紹介をメインに行って参ります。 写真表現、カメラ、撮影機材が大好きな方との交流を楽しみにしてます!

プロカメラマンさん、あるいは、被写体によって、EOS R3の設定は違うのかも知れませんね。私も、今回の初期設定では下記のようにしますが、使っているうちに、今後、変更するかも知れません。

それから、最近はwebでのマニュアルもあります。分からないところは検索ですぐに調べられて便利ですね。

キヤノン:製品マニュアル|EOS R3

スポンサーリンク

EOS R3を設定します

それでは、さっそく設定へ。変更したところだけ記載します。

静止画撮影

iPhone 12

JPEG/HEIF画質 L:8、画像サイズ RAW+L。

ISO感度に関する設定ISO感度の範囲 100-102400、オート範囲 100-102400。

レンズ光学補正>周辺光量補正 ON、歪曲収差補正 ON。

手ブレ補正(IS機能)設定>IS機能

表示Simulation 露出+絞り

撮影画面表示設定>グリッド 9分割


AF

iPhone 12

検出する被写体 動物優先

瞳検出 する

サーボAF特性 AUTO


機能設定

iPhone 12

電子音

音量>シャッター音 2、合焦音タッチ音セルフタイマー音は0

視線入力 する


カスタム機能

iPhone 12

セイフティシフト ISO

スマートコントローラー OFF

レリーズタイムラグ最速化 ON


他は、今のところ、デフォルトのままです。

ドライブモードは、高速連続撮影の15コマ/秒を使うつもりでしたが、デフォルトで30/コマ秒になっていましたので、試しにこのままにしました。

カスタム機能で、初めはAFボタン、視線入力ボタン、シャッターボタンに分けて設定するつもりでした。でも、動物優先+瞳検出で瞬間にピントが合ってしまいそうでしたので、デフォルトのままのシャッターボタンの半押しのAFにしました。

視線入力ですが、ゲゲゲの鬼太郎の目玉おやじのようなインディケーターは、ターゲットが分かりやすいです。

ただ、ふわふわと浮いて、私には少ししっくりと来ませんでした。そこで、デフォルトの設定のサブ電子ダイヤル1のSETボタンで、必要なときに視線入力のON/OFFをすることにしました。

スマートコントローラーは良さそうなのですが、大雑把ならば視線入力、精密なフォーカスポイントのコントロールはマルチコントローラーの方が便利そうに感じました。

スマートコントローラーを間違って触って、フォーカスポイントが動くのが少し不安です。そのため、スマートコントローラーはOFFにしました。


今日は強風で天気が悪いですが、数日後は、また、ヘゴの森のガイドが入ります。また、本業の仕事も溜まっています。

まずは腰を完璧に治し、余裕ができましたら、EOS R3のテスト撮影をしたいですね。

EOS R3

タイトルとURLをコピーしました