野鳥の水浴び場における仮説と結果について

動物

私は八丈島に来るまでは、研究者でした。現役時代、よく、「研究は仮説が大切」という言葉を耳にしました。

これは、一般の方々も聴いたことがあると思います。

仮説を立てるのが難しいです。ですので、これは、研究活動が崇高なものと思われる所以かも知れませんね。

では、勉強の出来なかった私はどうしていたかといいますと、実は、仮説は立てたことがありませんでした。

考え得る可能性を片っ端からやって、レアな結果を先に得て、論文を書くときに、答えの分かっているカッコいい「仮説」を書いていました。

それって、チートじゃないですか!?

全くそのとおりですね

文章で読むと、どれだけ賢いかアピールしていますが、実際は、何も考えずに、ただ手を動かしていただけでした(笑)

私は、研究者は引退しましたが、野鳥写真を撮影する際、似たようなことをしています。


今日は、「野鳥の水浴び場における仮説と結果について」と題してのお話です。


スポンサーリンク

野鳥の水浴び場を見つける

私は、以前、野鳥の水浴び場を見つけました。散策している途中、突然、重そうに飛び出すイイジマムシクイを見つけました。

その瞬間に、近くに水浴び場があると思いました

探してみますと、確かに、そこには水がありました。しかし、あまりにも微妙過ぎて、本当に水浴び場かどうか断定は、出来ませんでした。

私が鳥だったら、ここかなぁ・・・?

と、曖昧ですが、なんとなく見えましたので、取り敢えず、そこにトレイルカメラを仕掛けました。

結果は、自分の一部の仮説が当たり、様々の生き物も利用しているという予想外の結果を得ました。


新しい野鳥の水浴び場を見つける

前回の水浴び場はとても安定していました。4年前に見つけましたが、今でも野鳥が水浴びに来ます。

ところが、場所が過酷過ぎて、トレイルカメラを1台仕掛けるのが精一杯でした

野鳥の水浴びの写真を撮るために4年間ずっと探していたのですが、

ここっ!

と思えるものがどうしても見つけられませんでした。


ところが、散策路を歩いていますと、また、野鳥が飛び出してきました。その場所は、以前から知っていたのですが、水浴び場所の正確な特定が、難しい場所でした。

仕方がありません。何も考えずに、トレイルカメラを端から順番に仕掛けて、結果を見ていきました。

iPhone 12

最初は、前回と全く同じような場所に仕掛けました。

私が野鳥ならば、必ず使うと確信ていたからでした

ところが、結果はといいますと、テスト撮影以外は、何も写っていませんでした。


研究者は、これまでの経験を重視し、ときどき、それを不変と決めつけることがあります。

今回の私もそうですし、過去にもそういうときがありました

しかし、トレイルカメラを回収する瞬間、野鳥が、私の予想の場所と全然違うところから、飛び出してきました。たまたまなのか、それとも、私の足音から移動したのか、理由は分かりません。

でも、飛び出した地点は結果です。ならば、自身の仮説は無視して、結果重視で、予想外の場所にトレイルカメラを仕掛けました。

結果は、オーストンヤマガラとアカコッコが写っていました

トレイルカメラは、これらのオーストンヤマガラ、アカコッコ以外にも、シチトウメジロ、イイジマムシクイも写していました。


正直、私は、今でもこの結果が信じられません。この水浴び場は、不安定で、かつ野鳥にとっては危険な場所にあったからです。

しかし、4種の野鳥が水浴びをしていました。私の仮説が間違いであることは確定しました。

そう、私がいつも論文で書いていたように、実験結果から、それっぽい理由を書くはめになったのです。


私が求めるものは、当たり前ですが、誰も知りません。本にも、インターネットにも、論文にも、どこにも書かれてありません。

自分で見つけるしかないのです

ただ、自分で見つけたことは、答えの分かっている研究風の実験結果とは、比べものにならないくらいの燃えるような喜びを与えてくれます。

この喜びを一度知ってしまいますと、答えの分かっている研究風の実験では、自分の欲求を満たせなくなってしまいます。

そんなわけで、私はフィールドで自分の知らない何かをいつも探しています

タイトルとURLをコピーしました