年をとるとアニメを見て楽しむのが難しくなりますね

八丈島の生活

11月末から12月初めまで忙しくしていました。また、事故の後遺症も出て、起き上がるのも大変になっていました。

こういう日は体の声に素直に耳を傾けて、体力回復に努めるのが一番です。

先週、科学クラブでお子さんから、

先生はどんなアニメを見るの?

と聞かれました。お子さんからは、「アンパンマン」、「ドラゴンボール」、「ポケットモンスター」、「遊戯王」、「幽遊白書」「名探偵コナン」と私でも聞いたことのある名作の名前が出てきました。

う〜ん

そういえば、小学生時代は思ったよりも見ていないような・・・?

ちなみに、子供のときは岩手県に住んでいました。テレビのチャンネルは4つしかなく、そのうち2つはNHKとNHK教育で、残り2つが民放のテレビ局でした。

ですので、大人になってからの方がアニメを見ましたね。でも、最近気づいたのですが、アニメを見るのが少し苦しくなってきました。


今日は、「年をとるとアニメを見て楽しむのが難しくなりますね」と題してのお話です。


スポンサーリンク

「サマータイムレンダ」を見ました

今日は休んでいる間にごろごろしながら、ネットとAmazon Primeでは高評価だった「サマータイムレンダ」を一気見しました。

タイムリープもので、SF、ホラー、サスペンス要素を取り込んだ素晴らしい物語でした。このジャンルの物語を初見でしたら、高評価も頷けました。


タイムリープものの物語

年をとると、色々見てきたという弊害があります。「サマータイムレンダ」は素晴らしい物語でしたが、タイムリープものは過去に見てきたので、私にとっては少し新鮮味が欠けました。

死に戻りの設定で有名なのは「Re:ゼロから始める異世界生活」ですし、タイムリープで一番衝撃を受けたのは「STEINS;GATE」のDメールによる過去改変と修復。タイムマシンではありませんが、アニメの超名作とよばれている「魔法少女まどか☆マギカ」では10話での種明かしに衝撃を受けました。

これらを見てから、「サマータイムレンダ」を見てしまいますと、スタッフは一生懸命頑張っているのに、衝撃の印象が薄れてしまいました。

これは、アニメを見る私の方に問題がありましたね


アニメを見ると疲れるようになってきました

アニメは大人でも楽しめる時代になりました。内容も悪くありません。

私も、今年の夏は、意外と多くアニメを見ました。前評判が良かった「継母の連れ子が元カノだった」、原作が好きなので「ようこそ実力至上主義の教室へ2nd Season」、脚本家の丸戸史明さんが好きなので「Engage Kiss」、そして、今では2022年の最高傑作とよばれている「リコリス・リコイル」。

よく頑張って見たと思います(笑)

この中では、最後の「リコリス・リコイル」は、アニメがオリジナルの作品で、「STEINS;GATE」や「魔法少女まどか☆マギカ」に匹敵するくらい傑作でした。あれだけの物語を作るためには、準備から数年の歳月がかかったのではないでしょうか?

設定、キャラクターデザイン(特に瞳の描写)、アクション、そして、物語とあまりにも面白すぎて、「リコリス・リコイル」だけは毎週リアルタイムで見ました。

でも、年を重ねますと、自ずとたくさんの人生経験、作品を知ってしまいます。製作者の努力が見えるのに、いつの間にか素直に楽しめない自分になっていました。

それに気づいたとき、少し寂しくなりました


昔と比べて時代が進み、今のアニメはより緻密により面白くなっています。年をとっても素直に楽しめる人は、それは素晴らしい才能です。

これからもずっと楽しんでもらいたいと思います

そして、私のように努力の結晶のエンターテインメントを楽しめなくなった人は、損をしていますね。

以前のように楽しむためにはどうしたらいいのか、過去を振り返って、どうすればいいのか対策を考えたいと思います

タイトルとURLをコピーしました