マウスが壊れましたので、ロジクールのG604 LIGHTSPEEDワイヤレスゲーミングマウスを導入しました

その他

気がつけば、このブログも3年運営してきました。初めは1 page view(PV)でも大喜びで、それが自分のクリックだったことを知って、がっくり来たのも懐かしい思い出です。

今では6,000-7,000 PV/月、トータルでも100,000 PVを超え、八丈島、ヘゴの森ツアーの様子、写真などを発信するブログになりました。

ここまでなるための秘訣は、毎日更新の継続ですね

でも、毎日更新をし続けますと、壊れるものも出てきます。そう、マウスが壊れたのです。


今日は、「マウスが壊れましたので、Logicool G604 LIGHTSPEEDワイヤレスゲーミングマウスを導入しました」と題してのお話です。


スポンサーリンク

ロジクールのマウスが好き

現役の研究者時代、論文を書くときは、初めに、自身のデータ整理をしたり、引用文献を抜書きしたりしていました。

英語は、「自分の言葉で書くように」とよく言われますが、実際には、アメリカの先生たちは、大画面のモニターを使い、画面左側にpdfファイルの論文を開き、必要な文をコピーし、画面右側にMS Wordを開いて、自身の論文の草稿にペーストし、さらに同じ意味になるように書き直していました。

そう、意味は同じですが、違う単語を使った文章に変換する手法です

これをやりますと、盗作を見抜くための剽窃チェックツールでは、書いた草稿は引っかかりません。

盗作ではありませんからね

このような論文執筆をしていると、キーボードも大切ですが、機能の高いマウスを使いますと作業効率が高くなります。

そこで、私はロジクールのマウスを使っていました。バッテリーはすぐ無くなりましたが、G700sはボタンがたくさんあってとても便利でした。

最近ですと、調子がおかしくなりましたが、MX Master 2Sですね

ゲーミングマウスは、セッティングできるボタンがたくさんついています。私はPCゲームはしませんが、これらのたくさんのボタンは、意外と便利で、ブログの執筆作業は快適になりました。

iPhone 12
MX Master 2S

G604 LIGHTSPEEDワイヤレスゲーミングマウスのセッティング

先ほど、G604が届きました。パッケージは、ちょっとおしゃれな箱です。箱の写真でも分かりますように、マウスの左側には6個あり、上部のボタンを合わせますと、セッティング可能なボタンは全部で15個あります。

iPhone 12

パッケージを開けますと、マウスと付属の単3電池が見えます。

iPhone 12

取り出しますと、さらに、USBケーブルが入っていました。

iPhone 12

左側には6個のボタンがあります。ガジェット好きな人ならば、これだけでワクワクするでしょうか?

iPhone 12

マウスの後ろ側の蓋が開けられるようになっており、電池室とUSBレシーバーが見えます。

iPhone 12
iPhone 12

説明書通りに進め、Logocool G HUBソフトウエアをダウンロード、インストールし、自分の好む操作をG HUBソフトウエアでセッティングします。

BluetoothでG604をパソコンに接続しますと、消費電力が一気に下がります。

logitech G604Bluetoothマウスユーザーガイド-マニュアル+
内容非表示1logitech G604 Bluetoothマウス2セットアップ手順3ヒント:4完全にプログラム可能なコントロール15プログラム不可能なコントロール4.1BLUETOOTH®/ LIGHTSPEEDデュアル接続5LEDインジケーター6LOGITECH GHUBソフトウェア7ドキュメント/リソース8関連マニ...

MX Master 2Sも良いマウスでした。保証も2年間ついておりました。

もしかして・・・

と調べましたが、残念ながら購入は2020年6月。ギリギリ保証期間外で壊れてしまいました。

でも、このブログforest-hachijo.comとともに歩んできて、酷使の結果ですので、頑張ってくれたと思います。

G604はこれからです。誤作動が怖いボタンのみ、機能停止しましたが、残りはセッティングしました。

今日のブログも新しいマウスで書いていますが、快適ですね。

相棒として2年くらい頑張って欲しいですね

タイトルとURLをコピーしました