撮影

ヘゴの森ツアー

2022年6月21日、東京都八丈島のヘゴの森で撮影が行われました

霧の中のヘゴの森に、総勢20人のスタッフが訪れ、撮影が行われました。下見から始まり、カとの戦い、最新のデジタルシネマカメラやドローンによる撮影を見せたいただきました。どこかで公開されますので、楽しみしてくださいね。
植物

野草の撮影の仕方について

私は、野鳥写真から写真をはじめました。でも、最近は、野草の写真も撮影しています。野鳥写真よりはキャリアはありませんので、基本に忠実に撮影しています。野草写真に必要な機材、具体的な撮影方法を紹介します。
動物

私は、野鳥の写真をこんな感じで撮影しています

私は、300 mmの焦点距離の短いレンズから野鳥の撮影を始めました。機材の能力はとても低いです。そこで、不足分を埋めるために、データを集めて、それをもとに待ち伏せ撮影をするようになりました。そのやり方についてのお話です。
スポンサーリンク
動物

2021年夏、東京都八丈島で野鳥の飛翔を撮影しました

八丈富士、海岸でぼ〜っとしていました。ふと見上げると、頭上に野鳥が飛んでいました。せっかくですので、アマツバメとハシブトガラスの飛翔の撮影を試みました。飛んでいる野鳥を撮影するときに、どんなことを考えているかのお話です。
ヘゴの森ツアー

2021年7月2日、東京都八丈島でプロの写真家さんと撮影をしてきました

八丈島は、強風、大雨、霧のトリプルコンボでした。ANAは全便欠航でした。土砂崩れの恐れもあります。行動は、山奥には入らず、安全なエリアのみにしました。プロの写真家さんと、ヘゴの森と光るキノコの撮影をしてきました。
その他

2021年6月30日、東京都八丈島でプロの写真家さんと撮影をしてきました

プロの写真家さんと八丈島を案内・撮影してきました。飛行機の離陸シーン、曇り空ですが、八丈小島、そして光るキノコの撮影をしました。光るキノコは、悪天候が生育にはベストですが、土砂降りで大変でした。プロの写真家さんは黙々と撮影されていました。
動物

野鳥の写真撮影は、野鳥といい関係を築くことが大切です

野鳥を撮影する上で、私がいつも心がけていることです。元々が400 mmの短い焦点距離の超望遠レンズを使っていましたので、野鳥といい関係を築いてから、撮影ということをしてきました。ウミネコ、アマサギ、アオサギ、ゴイサギの例を紹介します。
八丈島のフィールド

2021年4月1~4日、東京都八丈島でプロの写真家さんの撮影に同行しました

冒頭は、4月10日、11日のWeekend Cafeの宣伝です。予約しないと瞬殺ですのでお気をつけて。今日の記事は、プロの写真家さんの八丈島の撮影に同行についてです。フリージアまつりでの撮影や、プロの写真家さんから学んだことのお話です。
八丈島のフィールド

2021年3月20日、久しぶりに1日中、八丈島を回り、撮影してきました

久しぶりの全休でしたので、朝から夕方まで八丈島を回ってきました。シチトウスミレ、カジイチゴ、偶然撮れたアシジロヒラフシアリの本来の姿、アカメガシワの新芽を撮影してきました。また、普段、植物をどんな感じで撮影しているかも少しだけ書きました。
八丈島のフィールド

東京都八丈島の汐間海岸で友達のサーファーを撮ってきました

東京都八丈島の汐間海岸で友達のサーファーを撮ってきました。撮影に適したカメラ、レンズ、AFや露出などの設定、構図、写真にする際の注意点についてお話します。特に、サーファーの技のチャレンジシーンは、とても美しいので、逃さずとらえましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました