野鳥

八丈島のフィールド

私の野鳥写真の撮り方について

今回は、私の野鳥写真の撮り方についてのお話です。野鳥と出会える場所や撮影可能な場所のデータ取り、野鳥の出現場所の特定、ポジションミスをした個体を見つけ、撮影の順に解説します。でも、時間や労力の90%は「データ取り」だったりします(笑)。
動物

冬の東京都八丈島の野鳥の様子

八丈島の冬はぽかぽかです。来島されるお客様にも、とても好評です。今日は、そんな常春の気候で過ごす、八丈島の冬鳥のお話です。ウミウ、カイツブリ、シチトウメジロ、ノスリの八丈島での様子を紹介します。
動物

2020年12月9日、東京都八丈島で身近な野鳥を見てきました

八丈島の周辺の海を見ましたが、私が見たときは、ザトウクジラは遠くにいただけでした。ですので、八丈島で見られる身近な野鳥を観察しました。ハクセキレイ、タヒバリ、イソヒヨドリのお話です。
スポンサーリンク
八丈島のフィールド

東京都八丈島の汐間海岸で見られる野鳥や景色

八丈島の汐間海岸でサーファーの撮影をしました。波の待ち時間の間に見られる野鳥や景色のお話です。イソシギ、ハクセキレイ、イソヒヨドリが主に見られます。また、大潮のときに安全に見られる双子の滝も紹介します。
動物

冬直前、東京都八丈島の身近な野鳥の様子

冬直前の八丈島に来島した身近な野鳥の様子を紹介します。オオバン、キンクロハジロのメス、マガモのメス、タヒバリとお友達になったのか、あまり警戒されませんでした。食事や羽繕いなど自然な姿を見せてくれました。
その他

超望遠レンズの使い方の練習法について

超望遠レンズの使い方の練習法についてのお話です。注意点は、野生動物や野鳥を追っかけ回さないこと。基本は、バードウォッチングの時の双眼鏡の使い方と同じです。声を聴いて、留まり木を見つけ、枝の形を覚えて、レンズの視野に入れます。
八丈島のフィールド

2020年8月24日、雨の天気の八丈島を回り、景色、野鳥、野草を見てきました

2020年8月24日、雨の天気の八丈島を回り、景色、野鳥(カラスバト)、野草(ハマアザミ、ハマナタマメ)を見てきました。雨でも、八丈島は色々楽しめます。
動物

八丈島では、今、カラスのようなカラスでないような鳥が増えています

八丈島では、今、カラスのようなカラス出ないような野鳥が増えています。シルエットをよ〜く見ると、ハシブトガラスとは違います。実は、この黒い野鳥は、ウミネコの若鳥です。一年目は黒い色をしています。
動物

夏到来。八丈島に住む野鳥の暑さ対策は・・・、たぶん学べません

八丈島に夏が到来しました。野生から学ぶといいますが、八丈島に住む野鳥のウミネコの場合、暑さ対策はあてになりません。とても大変そうです。
八丈島のフィールド

どこにも行ってはいけない八丈島で、野草と野鳥と夕日のツアーをしてきました

大雨の影響で八丈島は、一見、どこにも行ってはいけないように思えます。しかし、注意してみると野草と野鳥と夕日と見所はたくさんあります。ぜひ、あなただけの八丈島を見つけてください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました