マウンテンパーカ ーたくさんのポケットがついている耐久性の高い防寒着ー

八丈島の生活

「マウンテンパーカとは?」と尋ねられたら、メンズあるいはレディースのファッションに詳しい人でしたら、

「ああ、フードがついている山で着るコートね」

とすぐに連想できるかもしれません。しかし、都会のきらびやかなファッション性と比較したら、「ちょっと・・・」かもしれません。でも、タウンユースとして、人気はそれなりにあると私は思っています。

もうシーズンも終わりますが、今日は冬に着るそのマウンテンパーカのお話です。

マウンテンパーカは、ノースフェイス、パタゴニアの山用品のメーカー、最近ではユニクロも作っています。素材も、ナイロン100%、防水透湿性のゴアテックス、60/40などと様々です。

私はフィールドに出る機会が多いので、耐久性重視、そして、小物をたくさん持つのでポケットがたくさんのマウンテンパーカが好きです。

その条件に当てはまるのは、シェラデザインズのマウンテンパーカです。

マウンテンパーカは、実はシェラデザインズが元祖です。フィールドでの使用を考えつくされ、行動するにはとても便利にできています。

長所

  • 表地が綿:ナイロン=60%:40%の耐久性に定評がある60/40。風も中に通しません。下にフリースを着れば、防寒着にもなります。
  • フィールドユースを考えられているため、縫製がしっかりと作られています。
  • ポケットがとにかく多い。表地の正面だけでなく、背中側にもあります。ヘッドランプ、手袋、メモ帳、ボールペン、スマホ、予備バッテリー・・・小物であれば何でも入ります。。これを一着きれば、ちょっとした調査ならポーチやデイパックなどはいらないです。
  • 胸と腰のポケットは、野外の埃などが入らないように、ベルクロ(面ファスナー)で閉じられています。ファスナーではないため、手袋をしたままでも中の物に簡単にアクセスできます。
  • 様々な箇所に紐がついており、体型や状況に合わせて調節ができます。
  • 袖周りは、ベルクロで簡単に調節できます。

短所

  • 雨に直撃されたら、さすがにずぶ濡れになります。八丈島のような雨の多い土地では、レインウエアのような機能も欲しいです。これは耐久性とトレードオフとなってしまうので、実現は難しいかもしれませんが・・・。

シェラデザインズのマウンテンパーカは、ファッション性の高い衣服というよりは、物を運べる防寒具みたいですね。私も、ヘゴの森でのガイド、フィールドの調査、写真撮影のときは、信頼性が高いので必ず着ています。道具にこだわる方にはおすすめな一着です。

SUNDAY MOUNTAIN 【アウトドアSHOP】 アウトドア用品【L-Breath】
タイトルとURLをコピーしました