2023年9月18日、東京都八丈島のヘゴの森のツアーの様子

ヘゴの森ツアーの様子

いい天気が続きますね。というか八丈島らしからぬ天気です。暑すぎです。

暑いですねー

暑いですねー

最近は、こんな挨拶が多い八丈島です。

さて、今日のお客様は突然のご予約でした。


今日は、「2023年9月18日、東京都八丈島のヘゴの森のツアーの様子」と題してのお話です。


スポンサーリンク

お客様は青ヶ島旅行を成功させた勇者様

青ヶ島は、死ぬまでにみるべき世界の絶景13にも選ばれたことで、世界中で有名な島となりました。

私たち八丈島に住む人からすると近くて遠い島です。条件が揃わないとなかなか行き来できません。

船やヘリに乗る前に、青ヶ島自体、前もって宿泊施設に予約がないと行ってはいけない島です。

現在の状況もありますので、興味のある方は、東京都、青ヶ島村からの発表には特に注意して情報収集をして下さい。せっかくの楽園を不注意で迷惑をかけてはいけません。

そして、今日のお客様は、この難しい青ヶ島旅行を成功させ、八丈島に立ち寄った勇者様でした。

かなりアクティブな方でした。八丈島に来ても八丈富士登山をして、まだ時間があったので、ヘゴの森へいらしたとのことです。

観光 | 青ヶ島村ホームページ
青ヶ島村のホームページにようこそ!ここは日本一人口が少ない村です。

ヘゴの森コースの様子

最近、八丈島は天気が続いていることから、水が必要なカはあまりいません。ヘゴの森ツアーはけっこう快適です。

ヘゴの森内を見上げますと、ジャングルのような景色が広がります。

iPhone 12

ヘゴの茎を覆う気根は、ヘゴが垂直あるいは横になっているかの形状に依存して、形態が違います。茎を支える役割をしたり、板状の根になったりします。

iPhone 12

若いヘゴの茎は鋭い棘で覆われています。遠目では見にくいのでお客様も気が付きませんでしたが、指で棘を触ればその恐ろしさが体験できます。

iPhone 12

ヘゴの森エリアから見上げますと、青空バックの葉柄が広がっていました。

iPhone 12

ヘゴは木ではありません。横断面には年輪はありません。枯死しますと、空洞になります。

iPhone 12

ヘゴの森を見下ろす高台にきました。緑の傘が広がります。

iPhone 12
iPhone 12

ヘゴの森散策路全コースの様子

今日のお客様は八丈富士も登山されていますので、ヘゴの森散策路全コースは楽勝です。そんなわけで、八丈島中腹の自然を見に行きました。

八丈島にはツル性の植物として、テイカカズラやトゲナシサルトリイバラなどがあります。そして、スギに絡みつくフウトウカズラがあります。

フウトウカズラは、棘のようなものをスギに刺して上部へ登っていきます。ところが、この穴は、菌類の感染や虫の侵入を手助けしてしまうため、スギは枯死してしまいます。

私たちはスギの墓場を歩きました


今日のお客様は仕事でヤシをあつかうそうです。ヘゴの森散策路全コースには巨大なビロウがあり、たいへん驚かれていらっしゃいました。


散策路には、ヘゴ以外にもたくさんのシダ植物が生息しています。

あっ!

これ、青ヶ島で見ました

お客様がご覧になっていますのは、オオタニワタリ。青ヶ島の焼酎にはこのオオタニワタリが入っています。

iPhone 12

シダ植物といいますと、多くの場合は大型です。ところが、お客様が触っていますのは小型のシダです。

マメヅタといいます

通常のシダ植物は、葉の表面を見て、裏面の胞子嚢群のパターンを見て、種の判別をします。ところが、マメヅタは、胞子を作る葉と光合成をする葉と分業をしています。

それぞれを、胞子葉と栄養葉といいます

iPhone 12

散策路にはシロアリの巣もあります。台風13号の影響で、蟻道は無くなりましたが、再構築していました。

iPhone 12

ヘゴの森には、ヘゴとヒカゲヘゴが生息しています。お客様は、ヒカゲヘゴの毛の触り心地を確かめ、ヘゴとの樹高の種間の差に感心されていらっしゃいました。

iPhone 12

八丈富士とは違った景色でした

日陰で涼しかったですね

そうですね、ヘゴの森ツアーはほとんど日陰ですので、歩きやすいですね

今日はありがとうございました

こちらこそ、今日はヘゴの森にいらしていただき、ありがとうございました


ヘゴの森ツアーの様子
「ヘゴの森ツアーの様子」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました