2023年9月1日、東京都八丈島のヘゴの森のツアーの様子

ヘゴの森ツアーの様子

今日から9月です。言い換えますと、今年は残すところ1年の1/3ということになります。

時間が流れるのははやいですね

9月でも八丈島はガンガン暑いです。それでも、森の中に入りますと、日陰ですので涼しくなります。


今日は、「2023年9月1日、東京都八丈島のヘゴの森のツアーの様子」と題してのお話です。


スポンサーリンク

仲良し4人組のお客様

どちらからいらっしゃいましたか?

東京です!

ここも東京なんですけれどもね

どうして八丈島へ?

まず、東京から近いということですね

それから、私たちは欲張りなので、海と山と両方楽しみたかったからです

お客様のおっしゃるとおりで、八丈島は海(海水浴、シュノーケリング、スキューバダイビング)と山(登山、自然散策)の両方を楽しめますね。

iPhone 12

ヘゴの森コースの様子

今日のお客様は、もともとヘゴの森コースを選択されていらっしゃいました。

私は自然ガイドをするとき、色々な角度からお客様を観察します。今日のお客様はそれなりの服装と靴、「八丈富士を挑戦したい」と言っていることから、ある程度の体力もあることが分かりました。

お客様は、たくさんある色々な候補から旅行先として八丈島を選び、実際にいらっしゃいました。それならば、私は、私のできる最大限のサービスをお客様に提供するのは当然ですね。

そこで、ヘゴの森コースからヘゴの森散策路全コースへツアーの変更をお客様に進言いたしました。

そうなんですか?

楽しみです

というわけで、コース変更で、ヘゴの森コースを最初に歩きました。

最近、八丈島は雨量が少なく、それでも雨の多い土地に見られるコケは色々な木で見ることができます。

iPhone 12

1日違いですが、ヘゴの森は昨日撮影が入りました。お客様にはその撮影現場の様子をお話しました。

ヘゴの森は、東京を含め本土からは、なかなか来ることはできませんね。せっかくですので、お客様の記念写真を何枚か撮影させていただきました。

iPhone 12

うゎ〜

すごいですね

ヘゴの森を見下ろす高台に来ました。先ほどは下から見上げていましたが、私たちの眼下にヘゴの傘が広がります。

iPhone 12

ヘゴの森散策路全コースの様子

今日はコース変更しましたので、このまま山道に入り、山の尾根をぐるっと回って帰ってきます

はい、分かりました

私たちは、ヒカゲヘゴとヘゴを見比べたあと、ジャングルのような道を進みました。

iPhone 12
iPhone 12

フウトウカズラはコショウ科の仲間です。ただ、調味料に使うコショウのような味はありませんので、どちらかといいますと園芸種のような観賞用に使われます。

このフウトウカズラ、スギを覆いますとスギを殺してしまいます。スギの墓場を私たちは通過しました。


八丈島空港から最初に入る道路にはヤシが道路脇に植えられていますね。ワシントンヤシというそうです。

ヘゴの森にもヤシがあります

ビロウです

でも、このビロウは、オーナーと協力者の方々がヘゴの森のツアーコースを作っているときに偶然見つけたそうです。樹高はかなり高いです。

iPhone 12

森は常に変化します。昔はみんなでぶら下がって遊んでいたテイカカズラは、今は折れて、形状も大きく変わりました。

散策路の中心にテイカカズラがきていますので、お客様はツルを潜って通過しました。

iPhone 12

八丈島は、今年はあまり雨が降りませんが、例年は年間3,000 mmの降水量があります。そうしますと、水が大好きなシダ植物がたくさん繁茂します。

お客様は、葉っぱのおばけをご覧になっていらっしゃいますね。葉をひっくり返しますと、胞子嚢群が見られます。

そう、この葉っぱのおばけはシダ植物です

オオタニワタリといいます

iPhone 12

若いヘゴは鋭いトゲで覆われています。一方、ヒカゲヘゴは動物のような毛で覆われています。

もし転びそうになったら、ヒカゲヘゴでしたら掴み、ヘゴでしたらパッと手を引いてそのまま転がってくださいね

さすがに、そんな瞬間的な見分けはできませんよ(笑)

みなさん、笑いながらヒカゲヘゴの毛の触り心地を楽しんでいらっしゃいました。


今日はいい天気ですので、せっかくですので、高台から八丈島の景勝地をご覧になるといいですよ

そうですね、時間がありますので、いろいろ展望台を回ってみたいと思います

今日はありがとうございました

こちらこそ、今日はヘゴの森にいらしていただき、ありがとうございました


ヘゴの森ツアーの様子
「ヘゴの森ツアーの様子」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました