2023年8月23日、東京都八丈島のヘゴの森のツアーの様子

ヘゴの森ツアーの様子

2023年8月も終わりに近づいています。天気図の気圧配置も夏から秋に変わり始めてきました。

八丈島もその影響が出始め、スコールが起きるようになりました。

今日は雨を避けることはできるかなぁ・・・

と思っていましたら、お客様が到着と同時にパラパラと雨が降り出しました。


今日は、「2023年8月23日、東京都八丈島のヘゴの森のツアーの様子」と題してのお話です。


スポンサーリンク

ヘゴの森コースの様子

八丈島は初めてです

今日はヘゴの森、明日は八丈富士の予定です

なるほど、ヘゴの森はずっと簡単です

植物のお話をしながら歩きますね

はい

ヘゴの森エリアに入りました。「百聞は一見にしかず」ですので、ヘゴの森ツアーではお客様に直に触っていただくようにしています。

お客様が触っていらっしゃるのはヘゴの茎。硬い気根で覆われています。

iPhone 12

私たちの頭上はヘゴの葉柄で覆われています。とても綺麗ですが、今にも雨が降り出しそうでしたので、空は曇りです。

iPhone 12

ヘゴの森を見下ろす高台に来ました。見上げるヘゴの森とは違って、別の美しさがありますね。お客様も感嘆の声をあげていらっしゃいました。

iPhone 12

山の上からザーっという音がだんだんと近づき、私たちが立っているところでも土砂降りが始まりました。私もお客様もレインウェアを着ました。

手で雨を遮らなければならないほど雨が強くなってきました。写真でも、見上げたヒカゲヘゴが雨で白く写っていますね。

iPhone 12

ヘゴの森散策路全コースの様子

雨が降り出しましたが、中止の1時間あたり5 mmまでにはなっていませんでした。私たちはそのまま散策を続けました。

今日は、植物のお話を多めにしました。フウトウカズラによるスギの墓場を通り抜け、オオアリドオシ(イチリョウ)を観察しました。

iPhone 12
iPhone 12

ヘゴの森には、ヤブコウジ(ジュウリョウ)も生息しています。ぱっと見、ヤブコウジの葉(写真左)とテイカカズラの葉(写真右)は似ていますので、その違いについて解説しました。

iPhone 12

八丈島は雨の多い島です。ですので、いたるところにシダ植物が見られます。

お客様は、大型のシダであるリュウビンタイやオオタニワタリの葉をひっくり返しながら、胞子嚢群のパターンの違いを確認されていました。

iPhone 12
iPhone 12

散策路では、時期外れですが、野生のイチゴも見られます。お客様が観察されていらっしゃいますのは、カジイチゴです。

実のシーズンで春ですね

オレンジ色の実を付け、味は薄っすら甘くて薄っすら酸っぱいです


散策路ではまだまだ面白いものがあります。私たちの足元には、赤いトウモロコシのようなものがありました。

これは、テンナンショウの実です

近くに葉のある個体が見られませんでしたので、シマテンナンショウかハチジョウテンナンショウかは分かりませんでした。

iPhone 12

最近のヘゴの森はスコールが多いです。湿度も上がっていますので、キノコが出てきました。

今日見つかりましたのは、テングタケ科のキノコだと思います

iPhone 12

湿度が高く、気温が適温ですと、菌やシロアリによって倒木が処理されます。倒木がボロボロになっているのを、お客様は指で直接確かめていらっしゃいました。

iPhone 12

途中からさらに雨脚が強くなってきました。ツアーが終わってから確認しましたところ、1時間あたり5 mmの降水量でした。

ヒカゲヘゴは、いつもは動物の毛のような触り心地でしたが、今日は濡れて茎にペタっと着いていました。

iPhone 12

今日のツアーは写真では雨で大変そうでしたね。でも、この雨で気温が下がり、カもいなかったため、意外と快適に歩くことができました。

思ったよりも涼しかったですね

はい、晴れの日ですと、もっと暑いんですよ

明日は、八丈富士登山の予定です

八丈富士の階段はけっこう続きます。何度も心を折られながら登る場所ですから、頑張ってください

はい(苦笑)

また、今日みたいに雨が降りましたら、石の階段が滑りやすくなります

気をつけてくださいね

はい、わかりました


今日は、ありがとうございました

こちらこそ、今日はヘゴの森にいらしていただき、ありがとうございました

iPhone 12

ヘゴの森ツアーの様子
「ヘゴの森ツアーの様子」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました