2021年7月20日、東京都八丈島のヘゴの森のツアーの様子

ヘゴの森ツアー

現在(2021年7月20日)、諸事情がありまして、ヘゴの森のツアーの新たな募集を、一時的に中止しております。来週、八丈島観光レクリエーション研究会のwebpageで新しい情報が公開予定です。

今週は、募集停止以前にご予約をいただいたお客様のみとなります。

ご不便をおかけいたします

空を見上げれば、青空です。八丈島の観光には最高の天気となりました。


今日は、「2021年7月20日、東京都八丈島のヘゴの森のツアーの様子」と題してのお話です。


スポンサーリンク

ヘゴの森散策のために準備万端のお客様

今日のお客様は、見た瞬間に

大丈夫

と思いました。装備が完璧です。


ヤシの木に似たシダ植物のヘゴ

iPhone 12

ヘゴの森の入り口に来ました。私が説明するまで、ヘゴはヤシの木に見えたそうです。

これは、全くの同感です

私もヘゴの森に初めて入ったとき、何が珍しいのか全然分かりませんした(笑)

ヘゴの幹は気根に覆われています。湿度の高い八丈島では、この形態が水を吸収するには最適なのです。

iPhone 12

ヘゴの木は、木性シダであって、樹木ではありません

日本は春夏秋冬がありますね。特に冬は植物の生長が遅くなります。

これが樹木ですと、年輪となるわけです

ところが、ヘゴは木のように見えて、樹木ではありません。ですので、幹の横断面には年輪がありません。

iPhone 12

ゴワゴワの毛に覆われたヘゴ

ヘゴは鋭いトゲだらけです。学名はCyathea spinulosaといいますが、spinulosaは棘という意味です。

危ないですが、お客様にそっと触らせて、体感してもらっています。

さて、ヘゴの森にはもう1種類のヘゴがあります。棘が毛に変わったヒカゲヘゴです。

春はもふもふの毛なのですが、梅雨そして夏になりますと、その手ざわりはゴワゴワになります。

iPhone 12

絵になるヒカゲヘゴの森

ヒカゲヘゴは毛に覆われています。森に光が入りますと、写真では分かりにくいですが、金色になります。

iPhone 12

この場所は、フランスからの映像作家さんも撮影した場所です。お客様も持参したカメラで撮影されていました。

iPhone 12

お話を伺いますと、昨日は晴花日(ハレカヒ)さんのツアーで裏見ヶ滝やポットホールをご覧になったそうです。

運転が慣れていないお客様ですと、都道215号の登龍道路、そのあとのこん沢林道は危険ですからね。

正しい選択だと思います


午後から晴花日のガイドさんと八丈富士に行きます

元気がありますね

ガイドさんといっしょなので、楽しく八丈富士登山ができると思います

八丈島では、晴花日さん以外にも、複数のガイドさんがあります。

ぜひ、利用して安全に楽しく八丈島を満喫してくださいね

八丈島の自然ガイドさん

八丈島自然ガイドサービス椎(しいのき)

山小屋

晴花日(ハレカヒ)

ヘゴの森ツアー
Tour of the forest of tree ferns (八丈島ヘゴの森遊歩道散策ツアー)
タイトルとURLをコピーしました