2023年5月2日、東京都八丈島の午後のヘゴの森のツアーの様子

ヘゴの森ツアーの様子

ここ連日いい天気が続いている八丈島です。ゴールデンウィークに来島されているお客様方々は、絶好のタイミングですね。

さて、実は、昨日は久しぶりのダブルヘッダーでした。そして、ヘゴの森ではレアなお客様がいらっしゃいました。


今日は、「2023年5月2日、東京都八丈島の午後のヘゴの森のツアーの様子」と題してのお話です。


スポンサーリンク

青ヶ島旅行を成功させた勇者様

青ヶ島は、八丈島から南に70 kmのところにある八丈島よりもさらに小さい島です。青ヶ島は、死ぬまでにみるべき世界の絶景13に選ばれ、国内外からのお客様にも大人気の島です。

その青ヶ島、八丈島を経由でしか行けません。天候や海の条件が揃いませんと、欠航のため、往復ができない島です。

その青ヶ島旅行を成功させるためには、欠航を考慮してスケジュールにゆとりを持たせないといけません。タイトなスケジュールで旅行される方が多い昨今、幸運が重ならないと往復できないのです。

私は、この難しい青ヶ島旅行を成功させたお客様を勇者様とよんでいます。その勇者様は前回は今年の3月にいらっしゃいました。

そして、ゴールデンウィークの昨日、勇者様が再びヘゴの森へいらっしゃいました。

八丈島に来るときは羽田-八丈島間の飛行機が欠航、慌てて芝浦-八丈島間を船にかえて、なんとか青ヶ島へ行けました

滞在は予定よりも短くなりましたが、貴重な経験ができて、とても嬉しかったですね

でも、青ヶ島で行けなかった場所もありましたので、もう一度行きたいです!

この心意気がチャンスをものにするのでしょうね。


ヘゴの森コースの様子

今日のお客様は山登りにとても慣れた方でした。そして、青ヶ島同様、八丈島の行く先々を徹底的に調べていらっしゃいました。

もちろん、ヘゴの森も

めちゃくちゃ気合が入っていました(笑)。

八丈島に住み続けていますと忘れがちですが、ヘゴの森の植生は本土と違います。お客様は、横断面に年輪がないこと、茎を覆う気根の構造など、ヘゴの形態的特徴に驚かれていました。

iPhone 12
iPhone 12

当日は八丈島らしからぬ快晴。ヘゴの森内も強い日差しが差し込んでいました。

iPhone 12
iPhone 12

ヘゴの森を上から見下ろす高台に来ました。

ガイドさんのブログを見てきましたが、やっぱり実物を直接見るのがいいですね!

写真を撮りきれなくて大変です!

iPhone 12

ヘゴの森散策路全コースの様子

ここからジャングルに入り、ぐるっと山を回って、ヘゴの森のエリアに戻ってきます

はい、わかりました

私たちは山道を登っていきます。振り返りますと、

どこを歩いてきたか分からないですね(笑)

まあ、ヘゴの森の散策路はこんな感じですからね(笑)

iPhone 12

私たちは、ヒノキゴケ、ヒトツバ、シシラン、リュウビンタイとコケやシダを楽しみながら、山道を登っていきました。

iPhone 12
iPhone 12
iPhone 12
iPhone 12

あっ、これ知っていますよ

アシタバですよね

正解です

ちょうど食べごろの大きさのものがありますね

そうですね、このくらいの大きさの天ぷらを食べました


ちょっとこれを触ってもらえますか?

うわぁ〜

ふわっ、ふわっ!

遠くから見ますと花のように見えますが、これはシロダモの新芽です

今の時期、山道を歩くときの楽しみの一つですね

iPhone 12

私たちは下ばかり見てきましたが、森は3次元です。視線を上に向けますと、いろいろな植物と出会います。

フウトウカズラはスギを死にいたらしめてしまいますし、テイカカズラはターザンのロープのように頭上に掛かっていました。

ヘゴはビロウヤシに似ていますが、本物のビロウヤシもあります。

樹高が高いですね

八丈島には様々な植物が生息しています。

iPhone 12
iPhone 12
iPhone 12

おかげさまで、最近では、ヘゴの森ツアーの予約をとるのがとても難しくなりました。そんな中、お客様は繰り返しヘゴの森ツアーにもアプローチをされていました。

ようやく、ヘゴの森に来られました!

とても楽しかったです!

お客様からガイド冥利に尽きる感想をいただきました。

今日は、ヘゴの森にいらしていただき、ありがとうございます


ヘゴの森ツアーの様子
「ヘゴの森ツアーの様子」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました