2023年4月5日、東京都八丈島のヘゴの森のツアーの様子

ヘゴの森ツアーの様子

先週とうってかわって、今週は晴れの日が多い八丈島です。旅行のタイミングが今週になった方々はラッキーですね。

八丈富士登山、釣り、ホエールウォッチングと全てがうまくいくような天候です。

さて、今日の幸運のお客様はどうだったのでしょうか?


今日は、「2023年4月5日、東京都八丈島のヘゴの森のツアーの様子」と題してのお話です。


スポンサーリンク

お客様は八丈富士登山された方々

今週の八丈島は天気が良かったので、八丈富士登山をされたお客様が多いですね。

私たちも八丈富士へ登ってきました

階段が終わると思って登るとまた階段で・・・

心が折られるんですよね(苦笑)

そんな会話をしながら、私たちはヘゴの森の入り口へきました。

ヘゴの森では純粋に楽しむ時間ということでしたので、お客様は、今回はヘゴの森コースを選択しました。

iPhone 12

ヘゴの森コースの様子

前回の団体さんのツアーのように、ヘゴの森コースだけでも様々な植物が見られます。

シダ植物は花が咲く、咲かない?

咲かないです

そのシダ植物ですが、典型的な形から外れたものもあります。

お客様がご覧になっているのはクワ。その幹にまとわりついているのはヌカボシクリハランとマメヅタです。

変わった形をしていますね

iPhone 12

八丈島は晴れの日が続いていますが、先週の雨の名残も見られます。オレンジ色の胞子嚢が目立つヒノキゴケもふわっと起き上がっていました。

iPhone 12

これ、なんか大きいですね

お子さんが触っているのは、リュウビンタイです。南方系のシダで、普通の形態のシダ植物の中では大型になります。

ヘゴの森から見上げると、私たちの頭上はヘゴの葉身で覆われていました。

iPhone 12

ヘゴは木ではありませんので、横断面には樹木で当たり前に見られる年輪はありません。

iPhone 12

ヘゴの森には、茎を硬い気根で覆われている成熟したヘゴと、茎が鋭い棘で覆われた未成熟のヘゴが混在しています。

「百聞は一見にしかず」です。少しいじわるして、お客様には若いヘゴをそっと触っていただきました。

これは怖いですね

iPhone 12

ヘゴの森には、木生シダは2種類存在しています。ヘゴとヒカゲヘゴです。

お客様は両種を見比べて、形態の違いを観察されていました。

iPhone 12

今日は、晴れて良かったですね

先週は雨の日が多かったんですよ

幸運ですね

今日はありがとうございました

こちらこそ、今日はヘゴの森にいらしていただき、ありがとうございました

iPhone 12

ヘゴの森ツアーの様子
「ヘゴの森ツアーの様子」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました