2023年1月15日、東京都八丈島のヘゴの森のツアーの様子

ヘゴの森ツアーの様子

1週間予報を確認していましたが、今日は悪い天気との予報が続いていました。でも、今朝空を見ますと、青空が広がっていました。

部屋の湿度を確認してみると、70% R. H.を越えていました。

んっ!?

昨晩雨が降ったとはいえ、おかしくないか・・・?

そう、今日の気温は19˚C近くまでいっていました。1月の気温ではありませんでした。


今日は、「2023年1月15日、東京都八丈島のヘゴの森のツアーの様子」と題してのお話です。


スポンサーリンク

フル装備のご家族

私たち、けっこう山登りをしているんですよ

今日のお客様ご家族は、車から降りますと、文句なしの服装でした。

八丈島が予想よりも暖かくて、びっくりしました

そうですね、私は八丈島7年目に入りますが、1月でこんなに暖かいのは初めてです

今日のヘゴの森ツアーは、冬にもかかわらず、比較的軽装で行くことにしました。


ヘゴの森コースの様子

ヘゴの森の入り口まで、イズノシマダイモンジソウ、ガクアジサイ、ラセイタタマアジサイ、アオノクマタケラン、センニンソウと解説をしながら、進みました。

ここからがヘゴの森ですよ

お客様の目の前にはヤシの木のようなヘゴが広がっています。

iPhone 12

ヘゴの森は、八丈島のPR動画として撮影されることがよくあります。この場所は多くの動画で出てきますね。

iPhone 12

見上げますと、頭上はヘゴの葉身で覆われています。

iPhone 12

昨日、昨晩と雨が降りましたが、今日は一転して、青空が広がっていました。高台からのヘゴの森の様子です。

iPhone 12
iPhone 12

ヘゴの森散策路全コースの様子

ここから、ジャングルのような道に入り、山をぐるっと回ってあちらから帰ってきます

はい、分かりました

なんだか、奥のヘゴが違うように見えるのですが・・・

はい、その通りですね

私たちの目の前には2種類のヘゴがあります。手前はこれまで紹介したヘゴ、奥はヒカゲヘゴです。

iPhone 12

ヘゴの森には様々な種類のシダ植物が生息しています。お客様がご覧になっているのはヒトツバです。

胞子嚢が見られるのと、雨で流れたものと両方ありますよ

本当だ

iPhone 12

散策路を歩きますと巨大なビロウが見られます。

八丈島にはヤコウタケという光るキノコが生息しており、主に、この木を宿主とします

へぇ〜

iPhone 12

さらに、奥に進みます。私たちの目の前に適度な大きさのヒカゲヘゴが出てきました。

八丈島にはヤコウタケという光るキノコが生息しており、主に、この木を宿主とします

触り心地は動物の毛のようです

みなさん、それぞれ直接手で触って確認されました。

iPhone 12

ヘゴの森には様々な生長段階のヘゴが見られます。写真の新芽は、ヒカゲヘゴのものです。

iPhone 12

散策コースにはヒカゲヘゴの森も見ることができます。

iPhone 12

ヘゴの森ツアーでは、ヘゴだけでなく、散策路周辺には様々な植物も見られます。

お客様が手にとっているのはマンリョウ。縁起物の一つです。

それに関連して、みなさんには、イチリョウのオオアリドオシ、ジュウリョウのヤブコウジ、センリョウも紹介しました。

iPhone 12

この大きな葉っぱもシダ植物です

私は、葉っぱを裏返して、胞子嚢群をお見せしました。

このシダはオオタニワタリと言います

新芽は食べられます

へぇ〜

iPhone 12

今日は、いい天気でしたので、ツアー中、散策路には木漏れ日が終始差し込んでいました。

iPhone 12

とても楽しかったです

八丈島は寒いと聞いていましたが、そんなことはなかったですね

いえいえ、今日だけですよ

1月に、晴れで無風なんて、本当にレアです

午後はクジラを見に行こうと思います

今日はありがとうございました

こちらこそ、今日はヘゴの森へいらしていただき、ありがとうございました


ヘゴの森ツアーの様子
「ヘゴの森ツアーの様子」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました