YouTubeで偶然出会った不思議な曲

その他

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

実は、大晦日の昨日、ヘルニアが悪化して激痛でほとんど動けなくなってしまいました。ただ、昨日と今日は外せない仕事があったため、根性で片付けてきました。

当面、外に出られないですね・・・

まあ、安静にすれば状態は改善するので、家で横になってぼ〜っとYouTubeを見ていました。


今日は、「YouTubeで偶然出会った不思議な曲」と題してのお話です。


スポンサーリンク

私が知らなかっただけで、有名な曲かも

私は、研究者時代はほとんど社会と隔離されたような生活をしてきました。ですので、社会で起きていることはかなり疎いです。

YouTubeで最初に気づいたのは、たまたま、流れてきたVtuber(バーチャルYouTuber)の角巻わため様の歌でした。

Vtuberというのは、役者の動きと連動して動くアニメのような3Dモデルといえばいいでしょうか。詳しい人、雑な説明と怒らないでくださいね。

その聞き心地の良い不思議な曲を歌い終わった後、曲名を「ハロ ハワユ」と言って終わりました。

今の時代はとても便利ですね。すぐにGoogle先生で検索しました。

そうしますと、たくさん候補が出てきました。


オリジナルは有名な初音ミクが歌っていた

発表されたのは今から約10年前。作詞作曲はナノウ(ほえほえP)様(おそらくこの世界では有名な方。)。

そして、驚いたのは、オリジナルは、私でも知っているボーカロイドソフトの初音ミクが歌っていました。


不思議な曲と思っていたら、さらに知らない世界に・・・

一部曲を聴けたのですが、ソフトの声が機械的すぎてよくわかりませんでした。

さらに今の時代は素晴らしく、人がカバーした曲もYouTubeで公開されていました。私が見たのは、鹿乃様が歌ったものでした。

ソフトの声よりもずっと聞きやすかったです。ただ、内容がわかりにくく聞こえるように歌っていると感じました。


不思議に聞こえた曲の正体は「歌詞」

そして、そのYouTubeでは歌詞がでてくるのです。

曲があります。歌もあります。そして、それを追い求めると隠された歌詞が表に出てきました。

こういうことを歌っていたのか・・・と知ったときは、かなり衝撃を受けました。歌詞の内容は明るくありませんが、多くの人の心にささった曲と思いました。

見事に計算されていると思いました。これは製作者側の作戦だったのでしょうね。


一瞬、普通に見えて多くの人からは気づかれず、でも、立ち止まって見ると多くの不思議が入っているもの

今回のハロ/ハワユという曲はとても勉強になりました。偶然、出会わなければ、たぶん、一生気づかなかったでしょう。

実は、私が撮る写真の方向性も似たような考え方をしています。下の写真を見てください。

ツワブキFarfugium japonicum (L.) Kitam.
EOS 6D Mark II+EF100mm F2.8L Macro IS USM

な〜んだ、ツワブキでしょ?

八丈島では普通ですよね。

そうですね

でも、普通のツワブキの写真に見えて、そうではありません。この写真は意図的な工夫をしています。

  1. 花がきれいに咲いている。
  2. 写真の奥にある全ての葉はツワブキのもの。
  3. 葉には虫食いの跡がない。
  4. 奥はなぜか直射日光が当たっている。

と、1は、花の写真ですから、当然です。でも、2-4番目は、実は、現実にはほとんど起きません。これらを分からなくするために、この写真は、わざと地味めに撮りました。

「一瞬、普通に見えて多くの人からは気づかれず、でも、立ち止まって見ると多くの不思議が入っているもの」が、私の好きな写真で、撮りたい写真です。


今日は、1日中ヘルニアの激痛で横になったままですが、不思議な曲「ハロ/ハワユ」との出会いに感謝です。とても写真の勉強になりました。状態が改善したら、またカメラを持って外に出かけたいですね。

タイトルとURLをコピーしました