2023年5月16日、東京都八丈島のヘゴの森のツアーの様子

ヘゴの森ツアーの様子

ヘゴの森ツアーは、気づきましたら、参加者の7~8割は女性になっていました。お話を伺いますと、

ゆっくりと散策して植物を楽しみたいです

とのことです。

さて、今日は今朝からいい天気でした。お昼くらいになりますと、灰色の雲がちらほら。

雨が降ったらごめんなさいね

いいえ、大丈夫ですよ


今日は、「2023年5月16日、東京都八丈島のヘゴの森のツアーの様子」と題してのお話です。


スポンサーリンク

都心からのお客様

どちらからいらっしゃいましたか?

東京です!

ここも東京なんですけれどもね


八丈島はしばらく滞在する予定なんですよ

八丈島で、様々なものを楽しむ計画を立ています

ヘゴの森も楽しみにしていたんですよ!

嬉しいことをおっしゃるお客様です。


ヘゴの森コースの様子

ヘゴの森コースでは、八丈島の農業、園芸、ヘゴの森の歴史などを解説しました。昨日は雨が断続的に降りましたので、水を十分に吸ったヒノキゴケが立ち上がっていました。

iPhone 12

木性シダのヘゴは木でないことを解説し、その証拠として、横断面には年輪がないことをお見せしました。

iPhone 12

ツアー開始前は灰色の雲が見られており、気温も下がり、快適な散策となりました。それでも、空を見上げれば、ところどころ青空が見られました。

iPhone 12

冬に比べ、今は新芽がたくさん出る時期です。ヘゴも、枯れた葉柄を降ろし、新たに新しい葉柄へ交換する準備をしていました。

iPhone 12

ヘゴの森散策路全コースの様子

ここから植物散策になります

はい!

お客様は写真を撮りながら、スマホで忙しくメモを入力していました。私たちは、フウトウカズラによるスギの墓場を通過し、ユニークな形のシダ植物のシシランの新芽を観察しました。

iPhone 12
iPhone 12

ヘゴの森には、人の身長の何倍もある樹高のビロウヤシも見られます。

iPhone 12

八丈島は、多湿・適温と植物だけでなく菌類が生息する上でも最適な環境です。木が寿命で倒れると、数年で、菌類によって手で触ってボロボロにできるほどに分解されてしまいます。

iPhone 12

お客様の目の前にあるのはテイカカズラ。ツル性の植物ですが、人がぶら下がっても大丈夫なほどの強度があります。

iPhone 12

これ、何ですか?

触ってみてください

うゎ〜、ふわっふわっ!

これはシロダモの新芽です。このもふもふ感がくせになりますので、今の時期はみなさん、これを楽しみに山を歩きますね。

iPhone 12

これは何でしょうか?

今回の旅で、おそらく食べると思いますよ

アシタバですね

食べごろは、もう少し前ですね

へぇ〜

iPhone 12

ヘゴの森にはたくさんのシダ植物が生息しています。

お客様が写真を撮っているのはカツモウイノデ。緑色の茎に小さな褐色の毛で覆われているので、褐色の茎に見えます。

iPhone 12

大きい草ですね

葉をひっくり返してもらえますか?

あっ、茶色い筋があります

これってシダ植物なんですね

そうです

オオタニワタリといいます

私のブログを読み続けていらっしゃる方でしたら、中心の新芽がどれだけ大きくなったか分かりますね。

私も久しぶりに見て、葉の大きさにびっくりさせられました

iPhone 12

ヘゴの森には2種類のヘゴが生息しています。棘があるのはヘゴ、棘が毛に変わったのがヒカゲヘゴです。

もし、転びそうになって近くにヘゴがありましたら、怪我防止のためにも、ぱっと手を引いてそのまま転がってくださいね

iPhone 12
iPhone 12

今日はありがとうございました

とても楽しかったです!

そう言っていただけるととても嬉しいですね

今日はヘゴの森にいらしていただき、ありがとうございました


ヘゴの森ツアーの様子
「ヘゴの森ツアーの様子」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました