スマホのカメラとデジタル一眼レフ(ミラーレス)カメラの使い分けについて

ヘゴの森ツアー

昔は、フイルムをカメラに入れ、撮影が終わりましたら、フイルムを全部巻き戻し、現像所に持っていって、写真をプリントをする時代でした。

今も昔もカメラは高価で、一眼レフカメラはおいそれと買えません。ですので、富士フィルムの写ルンですやコンパクトカメラが、多くの方々の写真との最初の接点だったのではないでしょうか?

2022年、写ルンですやコンパクトカメラは、今でも残ってはいますが、現在の主流は携帯のカメラですね。

とても良く写ります

でも、ときどき、レンズ交換式の大きなカメラを見ますね。スマホのカメラは、いい写真を撮るのに、なぜ使うのでしょうか?


今日は、「スマホのカメラとデジタル一眼レフ(ミラーレス)カメラの使い分けについて」と題してのお話です。


スポンサーリンク

ヘゴの森ツアーでは、スマホのカメラは重宝しています

ヘゴの森ツアーでは、お客様と対話をしながら、ご案内します。このブログでは、写真でツアーの様子を紹介していますね。

スマホはとても小さく、取り回しもいいので、お客様がポーズを決めたときに素早く撮影ができます。

スマホのカメラは、全てカメラ任せのオートでも、とてもきれいな写真を撮ってくれます

俗に言う、スナップ撮影的に使っています

iPhone 12

デジタル一眼レフ(ミラーレス)カメラは、本格的な写真撮影では絶大な力を発揮します

私は、お客様がいらっしゃらないときは、ときどき、ヘゴの森を撮影します。このときは、手ブレをしないために、三脚とレリーズを用意し、カメラは、デジタル一眼レフカメラのEOS 6D Mark IIEF24-105mm F4L IS USMというレンズをつけています。

一眼レフのセンサーとレンズはとても巨大です。暗い場所でも光を集められますし、さらに、ISO、絞り、シャッタースピードとマニュアルで露出を設定できますので、自分のイメージ通りの写真を撮ることが出来ます。

そうしますと、同じヘゴの森でも、多様な深緑色を表現した写真が撮れます。

EOS 6D Mark II+EF24-105mm F4L IS USM

スマホの写真をRAW現像してみました

カメラ任せで写真を撮りますと、露出が中庸になります。もちろん、これはこれで良く、実際にこのブログでも写真を使用していますね。

iPhone 12

でも、

スマホも頑張れば・・・

と思い、RAW現像をしました。

写真の色がくすんだり、ざらざらになってしまいますので、一眼レフの写真と全く同じとは言えませんが、雰囲気は近づいたのではないでしょうか?

iPhone 12

もちろん、重箱の角を突けば、問題はありますけれどもね


スマホとデジタル一眼レフ(ミラーレス)カメラ。

旅先で「思い出」の一部として写真を記録するのならば、フットワークの軽いスマホのカメラは最適です。

解像度を高く、作品として追い込みたいのであれば、ステップアップしたデジタル一眼レフ(ミラーレス)カメラが最適です。

ゴール設定を先に決めれば、カメラを使い分けが終わります。そのあとはどちらを選んでも正解ですね。

八丈島で、楽しい旅行、楽しい写真撮影旅行をしてくださいね

タイトルとURLをコピーしました