菌類

菌類

2021年7月10日、東京都八丈島のある森で光るキノコの観察ツアーをしてきました

写真家さんに続き、3回目の光るキノコのツアーです。今回は写真よりも観察に重きをおきました。日の入り直後の明るい段階から、危険な箇所を説明しながら森を散策しました。暗くなってから、じっくりと光るキノコを観察しました。
菌類

2021年7月上旬、東京都八丈島のある森のヤコウタケの発生条件と子実体の様子

2021年、光るキノコの撮影ツアーを試験的に行いました。その経験から、今回は、ヤコウタケの子実体の発生に注目し、その環境条件を調べました。また、昼間にヤコウタケを見つけ、夜の撮影を自身でも行いましたので、そのお話を紹介します。
菌類

2021年7月3日、東京都八丈島のある森でヤコウタケが満開でした

連日の雨による土砂崩れのため、2021年7月4日時点で、八丈島の三原林道と登龍道路は通行止めです。でも、この雨による湿度、気温、日長の条件から、ある山では、ヤコウタケの子実体が満開でした。その様子を紹介します。
スポンサーリンク
ヘゴの森ツアー

2021年7月2日、東京都八丈島でプロの写真家さんと撮影をしてきました

八丈島は、強風、大雨、霧のトリプルコンボでした。ANAは全便欠航でした。土砂崩れの恐れもあります。行動は、山奥には入らず、安全なエリアのみにしました。プロの写真家さんと、ヘゴの森と光るキノコの撮影をしてきました。
菌類

2021年6月25日、東京都八丈島で光るキノコの撮影ツアーをしてきました

2021年6月25日、八丈島で開催された光るキノコの撮影ツアーのお話です。自生の光るキノコは、自然の環境条件によって、出たり出なかったりします。フィールドはジャングルのような場所です。下見のあとは、スムーズに撮影でした。
八丈島のフィールド

2021年6月下旬、東京都八丈島の見どころを私視点で紹介します

2021年6月下旬の八丈島の私視点の見どころです。八丈島の景色にアクセントを与える八丈小島、さえずるホオジロ、不思議な形の花のシマヤマブキショウマ、自然の力のみで形成されたポットホール、そして、光るキノコのシイノトモシビタケを紹介します。
八丈島のフィールド

2021年6月、梅雨なのになぜか晴れの東京都八丈島を回ってきました

梅雨なのにいい天気の不思議な八丈島です。アリ対策で三原山へ行きましたので、そのまま回ってきました。縄張りをパトロールしているホオジロ、水辺にはアカハライモリがいました。湿度の高いところにはヌメリツバタケがありました。その様子を紹介します。
動物

春から梅雨にかけての東京都八丈島らしいシーンについて

今日は春から梅雨にかけての八丈島らしいシーンを振り返ってみました。交通ルールをきちっと守るキジバトやそれを無視する猫さん、とても美しい夕焼け、そして、エナシラッシタケとシイノトモシビタケの光るキノコとなかなかのレアなものが見られました。
八丈島のフィールド

東京都八丈島の春の名残を見てきました

八丈島の春はあっという間でしたね。八丈島の春に見られるチガヤの花(?)、マルバアキグミの花、メダケ赤衣病菌、もふもふのシロダモの新芽を見てきました。もう、ほとんど終わりです。次は1年後ですね。
菌類

東京都八丈島の光るキノコの培地のお話

シイタケなどの食用のキノコは、菌床(培地)に種菌を植菌して、培養して、子実体(キノコ)を収穫しますね。同じようなことは、光るキノコでも行われています。実は、八丈島産の光るキノコの培地は、私が作っています。培地の共同研究のお話です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました