菌類

菌類

2021年の東京都八丈島の夏と光るキノコ

2021年の8月が終わり、夏はだんだんと去りますね。今年は、光るキノコに関しては、失敗のデータから可能性を見出したり、ヤコウタケの子実体形成の条件を見つけたりしました。エナシラッシタケの子実体形成条件は今後の課題です。
菌類

2021年夏の東京都八丈島の自身のフィールドの光るキノコについて

私のフィールドの光るキノコのお話です。八丈島に来て5年目。だいたいではありますが、ようやくヤコウタケの子実体の発生の環境条件が分かりました。今年は、約1週間くらいでした。最適条件ですと、複数の子実体が一度に現れました。
八丈島のフィールド

2021年8月19日、東京都八丈島の三原山でキノコを見に行ってきました

八丈島は、雨が降ったり、止んだりです。キノコにとっては子実体形成に適した気候です。三原山を歩いてみますと、いたるところにキノコが発生していました。タコウキン科、キシメジ科のキノコ、シイノトモシビタケを紹介します。
スポンサーリンク
八丈島のフィールド

2021年8月中旬、最近の東京都八丈島のヘゴの森の様子

2021年8月中旬のヘゴの森の様子の紹介です。台風9号、10号の影響で枯葉、落枝、折れたタケなどがいっぱいでした。森の中は真っ暗ですが、ときおりオーストンヤマガラが顔を出します。また、ヘゴの幹に赤いキノコがありました。
菌類

2021年7月10日、東京都八丈島のある森で光るキノコの観察ツアーをしてきました

写真家さんに続き、3回目の光るキノコのツアーです。今回は写真よりも観察に重きをおきました。日の入り直後の明るい段階から、危険な箇所を説明しながら森を散策しました。暗くなってから、じっくりと光るキノコを観察しました。
菌類

2021年7月上旬、東京都八丈島のある森のヤコウタケの発生条件と子実体の様子

2021年、光るキノコの撮影ツアーを試験的に行いました。その経験から、今回は、ヤコウタケの子実体の発生に注目し、その環境条件を調べました。また、昼間にヤコウタケを見つけ、夜の撮影を自身でも行いましたので、そのお話を紹介します。
菌類

2021年7月3日、東京都八丈島のある森でヤコウタケが満開でした

連日の雨による土砂崩れのため、2021年7月4日時点で、八丈島の三原林道と登龍道路は通行止めです。でも、この雨による湿度、気温、日長の条件から、ある山では、ヤコウタケの子実体が満開でした。その様子を紹介します。
ヘゴの森ツアー

2021年7月2日、東京都八丈島でプロの写真家さんと撮影をしてきました

八丈島は、強風、大雨、霧のトリプルコンボでした。ANAは全便欠航でした。土砂崩れの恐れもあります。行動は、山奥には入らず、安全なエリアのみにしました。プロの写真家さんと、ヘゴの森と光るキノコの撮影をしてきました。
菌類

2021年6月25日、東京都八丈島で光るキノコの撮影ツアーをしてきました

2021年6月25日、八丈島で開催された光るキノコの撮影ツアーのお話です。自生の光るキノコは、自然の環境条件によって、出たり出なかったりします。フィールドはジャングルのような場所です。下見のあとは、スムーズに撮影でした。
八丈島のフィールド

2021年6月下旬、東京都八丈島の見どころを私視点で紹介します

2021年6月下旬の八丈島の私視点の見どころです。八丈島の景色にアクセントを与える八丈小島、さえずるホオジロ、不思議な形の花のシマヤマブキショウマ、自然の力のみで形成されたポットホール、そして、光るキノコのシイノトモシビタケを紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました